引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年11月06日

恋愛うまくいかない原因

上手く行かない具体例、
友達のふりをした不逞の輩、
晩メシを食べに行くだけだからという理由で
付いて行くとボーリングを強制的にやらされる。

首謀者の車に乗って
数人と一緒に行っていたので
車から降りることが出来ずに拉致された感じだ。

それで、司法試験の勉強時間を失う。

はたまた、
こういう連中を
バッサリ絶縁するために、
実家に帰るという引越しの計画を
しっかり立てて親の承諾を得ていたのに、
お引越しの直前期になって、オマエは返ってくるな、
荷物を置く場所が無くなったなどと、中止命令を出してくる。

すなわち、
勉強の邪魔をする奴らを絶縁していく作業や、
アパートの近くに、ミニ工場が出来て夜間運転の振動が、
アパートの部屋の畳に伝わってくるので慢性的な睡眠不足に陥るなど、
司法試験の受験浪人において良くない材料が有るのに、改善を邪魔される。

それらをバッサリ切れない状況に追い込まれた時は、
司法試験の勉強をどこまでも継続させない流れが生じている。

出発点が他人と比べたらエキセントリックなのだ、
ライバルたちの多くは、そんなエリアで戦ってはいない。

そんな臭くて惨めったらしい我が居所から、
まず攻略していかなくてはならない俺の立場は、
司法試験に向いていないということ、それを理解できなかった。

司法試験合格などという我が進むべき道が
あまりにも遠大すこぶる我においては間違っていることを
目に見えない流れが予見して下さっていたと言わざるをえない。

宇宙の法則が警告して下さっていたのだが
感覚が研ぎ澄まされていない未熟者ゆえに過ちを繰り返した。

ほとんどの人間は
これを感じ取ることが出来ない、
なぜならば、執着心や欲が強すぎて、
まなこや感覚が狂ってしまっているからである。

まともにモノを見れなくなっている。

なにくそ!という気持ちを持って、
障壁を喜び勇んでしまう無駄な若さの空回り、
チャレンジ精神全開で反骨心旺盛という名のもとに、
むしろ取り返しがつかない泥沼地獄にドップリはまる方向へ進んでいく。

恋愛も同じようなもの。

うまく進まない流れを感じ取ったら、
そのレベルが、どの段階なのかを検証できない連中が多すぎる。

歯車が噛み合わないと感じたら、
早い段階で見極めるべし、無駄が生じる、
非正規雇用の女は非正規雇用の男を好まない、
酷い目に遭わないためには思いっきり早い段階での見極めが肝心だ、
人生は短い、100年ぐらいしか生きられない、悠長に構えていたら老人ぞ。

費用対効果を考えて、
其の場所に執着することが得か損か瞬時に見極めよう。

人間は其の場所で
我慢して得られるもののほうが
大きければ何とか我慢できる生き物です。

失うもののほうが大きかったら、
時間が経過すればするほど、最低限度の生活を維持して
人生が続いているだけで精神状態がボロボロになっていくのが分かるはず。

世間の評判や親の苦言など気にせず良い、
自分で計算できるなら、「職を次々と変えやがって」
というフレーズを悪口として使いたがる父親なんて、論外なり、
あとから老人虐待して仕返ししてやりましょう、上手に虐待するのです。

マトモな親であれば、
そういうフレーズを使いません、
テレビなどの報道で、職を転々として
長続きしないというフレーズは犯罪者を表現するイメージとして
使用されておりますので、父親がそのフレーズを我が子に使うのは
我が子に恨まれてシッペ返しを受けたいと願うドMなんですね、了解です。

よろしくメカドックならぬヨロシク意趣返し、
てな感じで老人虐待してあげましょう、仕返しです。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長

恋愛コラム徒然草
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 虐待被害者の恋愛 | 更新情報をチェックする