引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年03月22日

長文メールは脈アリのサインか?

恋愛で既にラブラブ状態が決定しているならば
長文メールは、2人の仲良しを確認する楽しい作業。

しかし、
長文メールは恋愛両思いの場合であっても
時には迷惑、親しき仲にも礼儀ありだろうし、
たとえ、付き合っている2人においてでさえも、
片方が嫌がれば温度差が生じるわけだから難しい。

恋人の長文メールがマナー違反でウザイ
と考えている彼氏や彼女が多く居るなら、
いつ別れても不思議でないカップルは
世間に意外と多いかもしれない。

さて、付き合うまでには至っていない、
片思い系の男女なら、長文メールは、どうか?

たいていのマトモな男は
好きな女から長文メールが届くのを喜ぶ生き物。

長文メールだと脈有りかな?
みたいに感じてしまうことの検証を少々。

世の中には風変わりな女性が存在する。
単に自己の置かれている世界の広がりとか
見識の高いレディーを目指して勉強するために、
脈のない男性(恋愛対象ではない相手)
に対しても長文メールを送ったりするものである。

こちらのベストアンサー20ptを参考にしてみよう
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2461861.html
おそらく上記URLのベストアンサー20ptの女性が
相手にしているのは恋愛の対象ではない男性だと思う。

恋愛対象外だけど、自分自身が楽しければ、
女性は長文メールを送れる生き物である可能性は
存在するということだ、女性の目的を男性は推理できぬ。

ありのままに生きようとした蟻は
「蟻のママ」だったぐらいの自然な感じで、
長文メールを時間経過も気にせずに楽しんで
送信することが出来る生き物が、蟻のママもとい、
ありのままに人生を楽しもうと考えている女性であろう。

ならば、人間は
100年ぐらいしか生きられないので、
時間こそが此の世で最も貴重で尊いものだ!
と考えているタイプの人間が、
こういうタイプの女性に関われば
思う通りに行かなくなる、振り回されるだろう。

まさに時間の無駄である!
と彼が考えている非恋愛対象に向けた長文メール送信、
という非生産的な行為に対しても、時と場合によっては、
或るタイプの女性は有益意味や価値を見出すということだ。

すなわち、人によって
人生の価値観や楽しみ方は異なっているために、
女性が長文メールのやり取りに享楽を見出した場合は、
それなりに長文メールのやり取りに熱中するケースが
存在するものである。

気分転換に高い金を払って
ホストクラブ通いで癒しを求める代わりに、
メル友男性と精神的な癒し空間を共有できるほうがベター。

お金がかからない気分転換や癒しの方法、
どこかに、そんな方法あるかな〜、はい、見つけましたよ、
という塩梅で発見してしまった長文メール、
そんなんで済むならば、ずいぶんと安上がりなオトク感。

リアルで会わなければリスクも僅少であるから、
お金をかけない気分転換としては極上もしくは最適なのだ。

ここんところを男性側は注意すべきだ。

長文メールという外形のみで
小躍りせんばかりに狂喜し勢いづく恋愛熱中症の男は、
肩すかしをくらって傷つかないように
自己配慮しておかなければ精神的に身がもたないだろう。

だからこそ、
自己に余裕が無い時に、
若い恋愛対象の娘さんと
メールをやりとりすることを
私は決してオススメしないのである。

カルチャースクール文章講座で習った内容を
メール文章で、いざ、実践練習しましょう、これ、
役立つお勉強!ぐらいにしか考えていない場合が有る。

ヒマつぶしや、安上がりな癒し空間と考えている場合も
無いとは言い切れないのだから、困ったものであることよ。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛メール | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。