引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年11月07日

メールの返事が来ない理由

そりゃ、簡単なことです。
とくに沈着冷静な男であるならば、
理由なんて、あっという間に分かるでしょう。

あくまで清澄で明晰な認識の男ならば分かるはずです。

しかし、世間には実に多いですな、
理由を把握できない男という生き物が溢れかえっています。

恋の微熱と性欲に上ずって、
頭の中が混乱しているのでしょうか、
日本の男どもは、最近、どうしちゃったんでしょうか、不可解なり。

メールの返事が来ないんですよ、
なぜだろうという疑問形ですかいな?

自分のことを自分で
上手に把握していない男に、ありがちな疑問態様です。

もういちど言いますよ、
メールの返事が来ないのですぞ、
自分が如何にツマラナイ男なのかという自覚が
全く足りない勘違い男に有りがちな疑問点でございます。

いわゆる勘違い男なのに
モテ線という自意識が過剰で
強く思い上がっているのでしょう。

自分を客観的に見ることが出来ない男ほど
「なぜメールの返事が来ないのだろう」と疑問に思ったりします。

みっともないです、恥ずかしいです、
恥の文化は何処に行ってしまったのでしょう。

貴重な時間が
モッタイナイから、
お目当ての異性は返事しません。

首を長くして
返事を待っているアナタに、
全く魅力を感じていないのです。

「いいや、俺には、少しは魅力が有るぞ!」
と、必死になって、反論する男も居るかもしれません。

しかし、まず、其処を徹底的に掘り下げて
検討し尽くして百歩譲って少しは魅力が有ったと仮定しましょう。

さて、ココカラが問題です、
次の段階、次のチェック項目に進むわけですね。

たとえ僅かながらの魅力が有ったとしても、
彼女が好むポイントは、そこじゃない、というわけですね。

残酷な話かもしれませんが、
彼女の気を引けていないわけですから、
相手が買いたくもないのにエルメスの新作を
必死に買わせようとしてアピールする店員と同じです。

「買いたくないって、言ってんだろうが、おまえ、馬鹿か!」
というふうに心の中で怒鳴っているわけですね。

現実に存在するギャップを埋められないのです。

接点として彼女が好むポイントを持ち合わせていないのです。

稼いでいなくて社長じゃなくて
イケメンじゃなくて会話が噛み合わなくて
メリットが何も感じられないから返事が無いのです。

たいした男ではない!
ということを完璧に見抜かれているのです。

かっこよくないのです、いい男なら女は、
それだけで、イケメンを放っておかない生き物ですよ。

もちろん、そのあと、
総合力をチェックされますが、
その前に、イケメンであれば返事ぐらいは来るでしょう。

逆を考えてみてください、美人すぎる若い娘や
凄すぎるカワイコチャンからメールが来ているのに
完全無視を決めこみ返事しない男って居ますでしょうか?

だから、彼女からすれば、
関わったところで、リスク有れどもメリット無し、
もしくは、リスクもメリットも感じない男ということですね。

そして、男のアナタは、彼女に対して、
少し軽い気持ちで甘く見ているはずです。

手に入りそうかもしれないという甘い考え方が
思い上がりとなって相手に伝わってしまっている。

安く見るんじゃねえぞ、このクサレ男!
という本音を言わずに心に隠し持っている、それが女という生き物です。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする