引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年08月24日

ミジメ人間は恋愛不可能か?

虐待を受けたなどミジメな境涯を
経験したことによる恋愛不可能を考察してみた。

アナタの境涯がミジメだったら
親に如何なる教育を受けてきたかを思い出せば良い。

脳内の過去に旅して
親の態度や行動や暴力を思い出せ、
此れ、フィードバックの作業である。

そもそも、よほどの勘違い無く、
アナタが親を憎んでいる場合は、親の教育が間違っていた証。

感覚で良いのだ…、理論は後付けだ、
すなわち、何なのだろう、この親に対する嫌悪感は?
という感覚が先に有って、その後に言葉を用いて、
自己のイライラを分析しようとしているに過ぎない。

常に人間の精神構造とは斯くの如きものなり、
感覚で違和感を感じて、違和感の分析が開始される。

恋愛でも、そうである、
恋愛対象にイライラしたときの感覚が先にあって
なぜ相手に対して、こうもイライラしてしまったかの理由を探す、
相手と合うか合わないかの分析が開始する。

ただし、恋愛などは、関係断絶して、
ぶった切ることは比較的たやすい、しかし、親は、そう簡単ではない。

親の教育が間違っていたので、事件を起こしました、
親が悪かったので無職です、引きこもりです、これは、
ほんとうに、親が、どうあがいても、まっとうな教育を
我が子に対して施していなかったことを如実に証明している。

親は世間のせいにしたがる、
学校の担任の先生が悪かったと言い張る、
親にしてみれば周辺環境の友人が悪かったのであり、
どのようにしてでも頭を狂わせてでも何か自分ら以外が悪かったと解釈したがる。

他人のせいにして乗り切りたがる、
これが馬鹿親の正体なり、反省なんてしないのだ。

子どもとしては単純明らかに現在の自己のツマラナサを
提示するだけで親の教育が間違っていたことを簡単に証明できるが、
世間は、そんなこと認めないし、親も認めないし、親が間違っていることを
明白に証明したところで、アナタが幸せになれるか、
という実務的な人生問題を考慮すれば答えは否である。

親がゴメンナサイと謝罪して和解できると思っているアナタが甘すぎる、
なぜならば、アナタの親は、とことん行きまくっているキチガイなのだから。

人造人間キチガイダーなのだから、
絶対に過去の暴虐の限りを思い出したところで、
覚えていないと、しらばっくれるし、思い出したとしても、
それぐらい何てこと無いなど、いかに子供が傷つき心に障害を負って
物事が上手く行かないかなんて、気にしない、恐ろしい生き物それが虐待親なり。

考えてもみなさい、親がマトモであったなら、
こんなことを思慮して悩むことさえも起こっていないはずだ。

上手に利用してチカラを蓄えた後、
親を見捨てる、遠くに引っ越して連絡を取らせないのがベストだ。

やられたら、やりかえせ、たとえ相手が親であっても。
親が会いたがっているのに決して会わない、いろいろな理由をつけて
音信不通を決め込む、もちろん、親の死に目にも顔を出さないのが重要だ。

大切なのは関わらないこと、完全無視を決め込むこと、
無関心で居られる最良の方法は連絡を取らせないことである。

復讐というキーワードは、虐待被害者のアナタのために存在する。

その後に、親に対する復讐達成により、
恋愛可能な状況が巡ってくるから人生とは不思議なものである、
そんなのは信じられないと思うかもしれない、しかし、復讐で割り切れたら
プラマイゼロの感覚が獲得できて、あとは稼いで選択肢を増やしていけば良い。

虐待親と縁を切れないから不幸の連鎖構造に取り込まれる。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 虐待被害者の恋愛 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。