引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年11月01日

女はグループを作る

学生時代から、さらに
社会人になってから其の先も、
ずっと女という生き物はグループを作りたがる。

女がグループを作って行動するという人間関係の本質は
制限的で、苦手で、めんどくさい、などなど、陰影の部分が
クローズアップされるが害悪ばかりでもないだろう、利点は何処?

弱いもの同士が集団化してリーダーを置く、もしくは
私こそがリーダーなのよ!という塩梅の空気かます女性、
いわゆる暗黙の了解を取らせる「雰囲気でしゃばり女」が出現する。

そして、グループの意味不明ルールを
文証を無いままにスケバン体質の女性が作成。

そして、なにか問題が生じた場合にスケバンがグループの利益を
保持するため、もしくは、グループの権勢を誇示するために迫害を
受けたメンバーの立場を守る、スケバンの上位位置が保たれる限度において。

「いざというときの互助会」的な役割を持ったグループが
敵対グループから虐げられた我が弱者メンバーのピンチを助ける、
というメリットは存在する、もちろん裁判規範性の無い御遊びなり。

メリットデメリットを持った砂上の楼閣ルールなり。

しかし、一緒に昼ご飯を食べるというルールが
苦手で面倒くさいと感じている女性は必ず存在する。

ああ喋りたくない、疲れる、、、
一人で昼飯ぐらい食わせてくれや!
またもや他人の悪口を言い合って盛り上がるバツイチおばさんの恐怖。

バツイチ子持ちオバサン、
マジで、あんた、ネガティブね、
そんなことだから、不幸を呼ぶのよ、
だから旦那さんに見捨てられてモテないのよ!
再婚なんて出来るわけねえよ、心も外見もブサイク!
まずは自分を見つめなおして、とことん反省しろ、ブスのくせに!
調子に乗りやがって!と言ってみたい女性は、グループ内に、たくさん居ます。

実際問題として
女性がグループを作るときに
苦手で面倒だと思える人間は弱くないのだ。

めんどくさいのは我が足を引っ張られることが多い証なり。

じゃあ男側は、どう考えているか?

教訓を得ている男は多い。
スケバン体質のバカとツルんでいるような女を恋愛対象にするな。

バカを見つけたら
そのバカとツルンでいる奴を観察する、
そうして、朱に交われば赤くなるの原則を適用していく。

本来は、そのスケバンを心の底から嫌いな場合は、
気持ち悪くて、関わりたくなくて、会話したくなくて、
ツルもうと思っても拒否反応が強すぎて出来ないのが通常なり。

それなのにツルむ事が出来るということは、
そのツルんでいる女も同じタイプである傾向が強いのだ。

親でさえも子供に
威張りたがりの被害妄想のクサレが存在する。

向上心をあらゆる形で妨害して削ぎ落としてくる親、
そんな馬鹿親の正体は未成年の時期に見抜かなければ悲惨なり。

そんな親とは、ツルメナイ。
本質はスケバン体質ということなり。

そういう親は子供が家族のために
何かを手伝おうとすると手伝わせずに、後になってから、
「おまえは全然、手伝いをしない」などと文句を言いたがる。

罠を仕掛けたがる。

塾の生徒も同じような奴が居た。

勉強を教えてちょうだいと言ってきた学生が、
いざ教えようとすると逃げまわり、全然に教える機会を共有しようとせずに、
後で皆さんを集めて「あの先生は全然勉強を教えてくれない、約束を守らない」
と吹聴してまわる、まったく意味が分からない、これも一種のスケバン体質なり、
おそらく、ただの優位性を偽造したいだけのクソ学生なり。

派遣社員時代にも同じようなことがあった。

現場に30分早めに入って、
勤務前の商品数や置き場所のスペースは確保されているか、
荷物の渋滞が生じているエリアは何処か、到着が遅れている物品は存在するか、
なぜ荷物の渋滞が生じているのか、任務を引き継ぐときの今日のポイントは何か、
などなど、30分早めに行けば、頭の中で開始すべき作業の流れを把握できて便利だ。

イメージトレーニングして
自分なりのシミュレーションを実行
これでサクサクてきぱき仕事の流れを引き継げるのだ。

しかし、
お局様的なスケバン体質の中年ババアが、
それを気に食わないと激しくクレームしてくる。

「アンタ、現場に、30分前に行くのを、やめてくれないかな!」

「私達が、まるで、サボっているみたいに見えるから、やめてくれないかな!」
と怒っている、、、汗

「現場に入るのは5分前で、いいんじゃない?
30分前に行くのは、アンタが不器用で要領が悪いからじゃないの?」

正社員の人たちは、
俺や早め入室の人々に誰にも、
ひとことも、文句なんて言っていない、
いつも何処か別の場所から見つけてきたイチャモン的な文句を
重箱の隅をつついて言いたがるのはスケバン上がりの勘違いオバサンのみ。

しかも、俺は自分が仕事をやりやすくするためにやっているだけ。

なので、俺は、あんたらと比較していない、
要するにスケバンのイチャモンだ、勝手に比較して
自己立場の低下を杞憂しているのはクソババアが被害妄想に陥っているだけ。

低いレベルの自己を被害妄想的に保身するための行動なり、これが実情。

なんじゃ、この給料泥棒スケバンは、、、

楽をしたがる怠け者、
この仕事が出来ないでスケバン雰囲気だけで
グループ内の子分を従わせている政治力のみのクソババア、、、汗

結局は、ダメな自分を口先だけで
よく見せようと必死に成っている落ちこぼれなり、
努力が嫌いな出来損ないの似非スケバンのワガママに過ぎない。

こういう奴をいつまでも
現場に置いている企業は衰退していくのだ。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長

恋愛コラムニストのエッセイブログ
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。