引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年10月27日

貧乏人が恋愛する時のポイント

貧乏な男と貧乏な女が
妊娠の危険に注意しつつも
将来を見据えてシッカリと信頼関係を築いていけるならば
その女は彼の将来性を信じているか、とりあえず若いだけであろう。

貧乏というものが
いかに女性において
ミジメで避けなければならぬ最大の悪魔であるか
これは小さい頃から貧乏で悩まされてきた女性のみぞ知る。

貧乏に慣れているからヘッチャラですか?
貧乏なんぞに慣れたらオシマイですぞ、慣れは継続を生みやすい。

若さゆえに自分たちの将来的な結婚のことなんて考えずに、
すなわち、あまり先のことを深く考えずに、この男と付き合っていて
気持ちが安らぐから癒されるから、という個別的な理由を持って、または、
何にも考えていない頭の弱い女の可能性も有るかもしれないが、いずれにしろ、
この時の男に何らかの魅力が備わっているという意味においては其の男に脱帽だ。

貧乏な男なのに女は妊娠の危険を冒してまでも
精神的なおかつ肉体的に付き合ったりする、瞠目に値する行為なり。

貧乏を吹き飛ばすぐらいに
男が魅力的なのだろうね、一種の男の甲斐性なり。

ここで、貧乏な男が休憩するときのコツを少々述べる。

これは、恋愛していても、していなくても、通用する考え方だ。

さて、貧乏人の休憩(息抜き)は、
孤独で一人ぼっちで実行すべきものだ。

感覚的には、
「孤独のグルメ」に出てくる主人公の行動パターンを参考にして欲しい。

この休憩なるものを他人絡みでやるから問題が生じる。

どうでも良い相手とカラオケ行ったり、
おいしい焼き鳥を食べに行ったりするから、
余計な問題を抱え込んで帰宅してしまったりする。

気持ちが悪くなるような雑用を抱え込んで帰宅したら、
せっかくのストレス解消が水の泡だ、結果的に有意義が失われる。

エントロピーを新しく抱え込まない方向での休憩を実行しない場合、
貧乏なアナタの悲しくてイライラした感情の休まる時は睡眠の時ばかりなり。

貧乏人なのに、多くの睡眠を取らなければ精神的にキツイ時の正体は此れなり。

くだらない人間を遠ざけて
孤独に休憩を実行できる空間を手に入れたら
本当のところ、睡眠なんて6時間も取れば充分なのだ。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。