引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年09月18日

カネ目当てで近づいてくる女

カネ目当てで寄ってくる女を見ぬく方法とは?
こちらのURLは、見抜きやすい「素直な女」の事例を挙げている。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1218407257

しかし、そんな低レベルの女を相手にするのではないだろう。

結婚するまでは、どんなことをしてでも、
カネ目当ての女でない演技をするのが高級的カネ目当て女だ。

すなわち、何が言いたいかといえば、
ひねくれたカネ目当て女は手強いということ。

演技派女優顔負けなのだ、こりゃあ、厄介であり強敵である。

金持ちのイケメン男を見つけて捕まえて離さない、
是が非でも結婚してやろう、子供作って、離婚したら
親権を獲得して養育費をジャブジャブぶんどってやろう。

浮気させるように仕向けて、
探偵雇って、証拠を握り、慰謝料も請求してやろう。

このように考えている女を見抜くのは簡単だ。

ド貧乏エロガッパを演じて見せれば良い、逃げていく。

結局は、金持ちですよウフフ、ということを
少しでも女性にアピールしたら電磁エンドお終いモードなのだから。

こういう金持ち捕まえたがり依存女だからこそ、
自分を高めないし、自ら稼がない、自信がないから
「遊んであげた」と考えることが出来ず「遊ばれた」と考える。

ほんとうの意味での平等の感覚を持てば
「遊ばれた」という意識は出てこないはずだ。

しかし、
遊ばれたという被害者意識が出てくるということは、
自分のことを自信のないショボイ女と自覚しているか、
もしくは、男のほうが上で、女の私が下であるという男尊女卑を
信奉しているか、もしくは、女性のほうが上であると考えているから
「遊ばれた」という被害者意識を強くもって強い被害者に成りたがるのだろう。

「私は被害者だ!」と主張できる女のほうが立場は上だからね。

私は差別されている!と主張する側の人間のほうが
実はエゲツナイほどに強い社会に変貌してしまったのと似ている。

男尊女卑賛成派女性ならば、常に男性に遊ばれるのではないか、
肉体だけを搾取されるのではないかという不安がつきまとってしかるべき。

男よりも自分のほうが下だと見做せば、選択肢において、
遊んであげたというよりは遊ばれたという考え方になるのは理の当然だ。

女性のほうが上だと考えている場合は、
通常ならば男と遊んであげたということで落ち着きそうだが、例外アリ、
「こんなレベル高い女に
お金をかけずにセックスやりにげとは何事か!何たるチア!サンタルチア!」
と考えることもできそうだから例外的に「遊ばれた」と解釈することも出来る。

しかし、高レベル女のアンタが、
そういう男をきちんと自己責任で判断して選んでますがな…。

しかし思うは自由なり、
あくまでも感覚的に遊ばれたと考えることは可能ですが…。

尊敬できる男しかも自分よりも強い大人の男を好きになったから
「遊ばれた」という感覚が生じることは可能性として否定できない。

しかし、稼いでいる美人が、
男を見定めて、相手をきちんと選んだ上で、
やらせてあげているわけなので、それでも、
なお、「遊ばれた」と考える女は、いかがなものか。

それは、めんどくさい女ということになる。

意味不明女ということになる。
そんな女だから男に嫌われたのであるということになる。

それだったら、むしろ、
男のほうが上ですと考えている稼げない女のほうが、まだカワイイと言える。

男尊女卑を肯定しないが、
性差(望まない妊娠の危険性、
男と対等に暴力で喧嘩した場合の勝敗の行方、面倒くさい月経)を考えれば、
ほんとうの意味での平等は女性に酷だし、じゃあ、実質的平等という名のもとに、
女性が有利になるような特権を与えて保護を高めると、おかしなことになってくる。

誰も日本の男が
「結婚したい」などと思わなくなったし、
「結婚しなければセックスしない」と言い張る女は
マトモな感覚の男ならば敬遠して逃げるが勝ちだ、なぜならば、
あまりにも汚らしいヴァギナと乳首だったら普通の男なら幻滅するからね。

全く色ツヤそんなことを気にしない!と言い張る男でも
女性の局部の黒ずみや臭いや劣化に限界点を感じる生き物なり。

物事には限度が有りますから。

それは結婚前に確認させてもらわねばならないチェック項目ですから。

じゃあ、婚前交渉は当たり前か?
男も女も、年頃になったら中古品だ。

じゃあ、男は女に何を求めるか?

そこそこ愛せそうな最低限度の肉体と、
最低限度の会話力、空気が読めるか、峰不二子みたいな女かどうか。

ここらへんを女は理解せずに
「このままの自分を愛してくれる男性でなきゃイヤだ」
と言い張るが、相手を自分に合わせようとしているからには、
それぐらいに素晴らしい女である事が必須条件、しかし、哀しいかな、
男に合わせない女ほど、ブス系の単なるワガママ女であること多しは不思議なり。

結局、男は、女の顔を見て、
内面との一致を検証していけば、
不整合など見つけることができるから、
まずは顔から入って、次に内面や会話能力などを検証していけば良いのである。

美人は3日で、あきる、
いいえ、そんなことはないのです。

そんな世間の風評はデマゴーグの一種ですから。

もしも、美人は3日で飽きるなら、ブスは1秒で、
チェンジ!スイッチオン!ワンツースリー、ゴー、
ズンズンチャチャ、ズンズッチャ、うふ〜ん、キャンディーズ、
食べごろよ〜、というふうになるでしょう(ブスは食べごろじゃないでしょうに)

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。