引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年09月14日

粉かけババアの見抜き方

美人の場合は、しょうがない。
粉かけられて、気がある素振りを
見せてきたとしても美人だから、許さざるをえない。

もちろん、キャバクラや風俗の女が如何に美人であろうとも、
粉かけババアを見抜くも何も、其れは営業トーク(金を搾取するため)
なので、ここでは問題にしない、すなわち、「粉かけババアか否か」を
見抜く以前の問題である。そりゃ、商売女は、粉かけて当たり前ゆえに!

問題は、味が有るブス系の女もしくは
美人っぽく見せている女が、多くの男に粉をかける場合である。
まず、向こうが動く場合と動かない場合に、二種類場合分けすべし。

(1)向こうが動いてくる場合は、
言動のみが第一段階、
デート行動も伴う場合が、第二段階である。

(ア)「今度映画に連れていってください」
「今度いっしょにコンサート行きましょう」
などなど、口だけで誘ってくるが決して行動を伴わない場合。

実際に、
男が計画を立てて
具体的な日取りなど
段取りを決めて相手に伝えても断り続ける。

まさに、口だけで、行動が伴わない女だ。

しかし、この場合は、男のほうも
被害を最小限度に抑えることが出来る。

(イ)デート行動を伴う場合は
女性の方から映画やイベント会場訪問を提案してくる。

そして、とても上手にメシ代や映画代などを男に出させる、
なんとなく、営業トークで冷たい、まあ、これも見抜ける。

基本的に、
女のほうから言動で誘ってくる場合は、
まず、相手が美人かブスかを判断して、
自己責任で粉かけババアか否か決めれば良い。

(2)誘わせるように男に仕向けてくる場合が、
向こうの女としては自分からは誘わないし動かない場合だ。

すなわち、男をその気にさせるような曖昧な態度を取り続ける。

曖昧な態度、それはボディタッチなどであろう。

女が真面目に相手を考えたら本来は
決してボディタッチなど、できやしない。

ボディタッチしてくる女は、
粉かけババアの可能性が高いわけである。

そして、やはり、言葉中心だね、
好意を持ったような言動をアピールしてくる。

どんどん会話をしたがる、はにかむ、笑顔で挨拶してくる。

そして、ここからが問題、
男がメールアドレスや電話番号を聞くと、何の抵抗もなく教える。

実は、ここが、ポイント。

躊躇しなくて、メアドぐらいなら別に良いかな、
電話も出なきゃ良いわけだし…、メールも返事する義務ないし…。
そのように考える。

このあとの展開は、簡単だ。
男が誘っても決してOKの返事を出さない(もちろん代替日を提案してこない)

たとえ女が代替日を提案してきても、
それが、すぐにドタキャンされたりして分かりやすい。

デート行動を伴っても
全く盛り上がらない楽しくない、などなど。

これは仮に男の力量が足りなくて
単純に盛り上がらなかった場合は男が悪い。

それは、粉かけババアの問題か男のエスコート下手の問題か、
ちゃんと自分で見ぬかねば痛い目にあう自己責任の領域であろう。

じゃあ、俺の場合は、どうだったか。

20歳以上年下のカワイコちゃんにメアド聞いたら怒鳴られた。

「わたし、そんなに軽い女じゃないですよ!」

「そもそも、友達としかメールしませんから!」

「何でアナタにメールアドレスを教えなくちゃならないんですか!」

「わたしがアナタとメールしなちゃいけない義務なんて有るんですか!」

「教えてもいいですけど、わたし返事しませんよ、
もちろん、こちらからアナタに対して送信もしません!」

「絶対に返事しませんよ、100パーセントです、
絶対に、アナタに返事しませんから、覚悟してください!」

めちゃくちゃボロクソに言われた…汗。

しかし、女という生き物は不思議です…。

その後、女の気が変わり、もう2年以上、
カワイコちゃんと俺は、携帯メールやPCメールの文通を続けているわけだ…。

結論:連絡先を簡単には教えようとしない女は粉かけババアでない可能性が高い!

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。