引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年09月07日

話が長い男は嫌われるか?

話が長くても価値が高ければ良い、
おもしろい、為になる、ワクワク、ドキドキ体験談など。

長い割には時間の無駄と思われるから
嫌われたりするし、男としてもよく考えてみよう、
好きな女性なら内容が無くても小鳥の美しいさえずりを
耳に入れていると思えば、こんなに楽しいことはないはずだ。

ならば、臨機応変、時と場合の
TPOに従って話せばよいだけである。

空気を読めずに細かく情報を話すから問題が生じる、
誤解を受けたくない、正確に理解してもらいたい、単に
話すのが大好きな男だから、とか理由は人それぞれだろう。

さらに注意すべき点アリ、
レッツゴー不文律そんな恋愛ルールは知らなかったよ、
今の苦労を語って過去の苦労も語って過去の輝かしい経歴も語ったところで
現在のアナタが成功者でなければ女は警戒する、だから何ですか、と怪訝なり。

貧乏くじを引きたくないからね…。

男の無口イコール美徳だが、
逆に解釈すれば、何も語れないことイコール
何か都合の悪い環境で無茶苦茶あえいでいる可能性も有る。
何も話すわけにはいかない、なぜならば、相手がドン引きするから。

ここにおいて会話が続かない男の深い原因が存在する。

会話が盛り上がらないのには、
大きな理由が有った、即ち、正直に洗いざらいぶちまけたら
相手がドン引きしてサッサと引き上げてしまうからだ、引き波だ。

ババ抜きのババをつかまされたくないピリピリした女は
マトモな神経の持ち主であり天使系女神系の女ほど人生をやり損なう。

気が弱い女も人生をやり損なう。

いずれにしろ、男の成功者が語ると
「自慢かしら…」と決めつけられ黙していると怪しまれる。

どうすりゃいいのよ、
そりゃ、女に求められて具体的にではなく、さらりと語る、
あとは無口でも、住んでいるマンションや乗っている車や、
身に着けている服装や髪型や顔つきの輝きなどで黙示的に語る。

そうやって後は、女に自発的に判断してもらう他ない。

無理が生じるようなアピールの仕方が良くない、
現在の仕事が上手く行っていないのに、女を欲しがり、
お見合いパーティーなどの婚活をする男は「仕事」をないがしろにして
「女」に逃げていると解釈されても反論できない、男は仕事なのだ、即ち、
稼げる仕事を安定的に持ち、きちんと無理なくこなしているか、これを女は、
厳しく注目している、男において仕事が順調かどうかは、それほどに厳しい。

或る者は「女」でなくて、ギャンブルに逃げて、
更に状況が悪化したり、趣味に逃げて、ホンワカ気分、
釣りなどしている場合じゃないのに釣りに出かけまくりだったりする。

余裕が有って行なっているのでなく、
気晴らし以上の何かを求めて依存や逃げの感情を抑制しきれないから
「女」「ギャンブル」「趣味」に没頭し現実逃避しているに過ぎない。

成功者になって初めて
過去の苦労話をしても受け入れられる、
もちろん、それでも受け入れられない場合も多い。

誰もアナタの話なんて聞いてくれない、
誰もアナタのことを分かってくれないし
理解してくれないのが世の中の基本だと知れ!

夢に向かって突き進んでいる男が居たとして、過去の挫折を語り
現在の挫折も語りつつ未来の夢を達成するためにチャレンジしている場合、
男に素敵な女性が恋人として、かいがいしく尽くしていると仮定しましょう。

その場合でさえ、その女は、彼の親の職業や
実家の財産をシッカリ観察把握している生き物である。

男たるもの、そういう厳しい現実を把握していなければ、
ただの、お子ちゃま、恋に恋する中学生男子に過ぎない、
恥を意識すべき大人はワンサカ居ます、でも、彼らは反省しません。

無口な男が結局は上手に攻撃防御方法を身に付けて
費用対効果の高い人間関係を形成している、若い頃は良い、
まだ、無駄な人間関係も許せる、饒舌は訓練の一環かもしれぬ。

しかし、年をとってからは無口に限る、饒舌所有楽の獲得なんて、
そうウマク行かない、時間を大切にしなければ生きていけなくなる。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。