引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年09月02日

プラモデル症候群

恋愛というプロセスを楽しんでいるなら
遊びの感覚のほうが強いのだろう、すなわち、
プラモデルを作っている時が一番幸せなのであって
完成したら楽しみが無くなるという症候群、お子ちゃまかよ?

追いかけて手に入れたものは、
こんなモノじゃなかった、悔しいんだろ、みたいな感じで、
元オフコースの鈴木康博さんも昔歌っていました(歌詞てきと〜)。

最初っからポンと与えられたら
其の価値は分からんわいな…、
ついでにナマズの孫ではないわいな…、
ナイナイナ、そういう番組、むかし有ったな…

ワイナイナ
(ジェームス・ワイナイナと
エリック・ワイナイナ、ふたり合わせてダブルワイナイナ)

走り続けているとき
戦い続けているときがイチバン充実感が有るのだろう。

何かに熱中して取り組んでいる其れ自体が楽しい、
結果なんてどうでも良い?結果は単なる結果にすぎない?

結果なんて後から付いてくる?
もう、いい加減に光と影に気づきませんか?

積み重ねてきたものを目の前にして
成果が確認できなければモチベーションは下がる、
成果を確認しつつ取り組み続けるプラモデル作りが一番幸せなのだ。

出来上がったプラモデルを
次から次へとゴミ出しの日に出す人は居ない。

本を集める人
中古レコードを集める人、
手に入れるまでが楽しいのか?

いいや、そんなことはない、手に入れて、
試行錯誤の結果として並べられたものを見ているから楽しい。

夢を追い続けるから楽しいか?
段階的に結果がコツコツ積み重ねられていくのを
把握するから楽しいのであって、苦痛を伴う場合は、不安も伴い、
全然にステップアップ的な結果を段階的に手に入れてないから辛くなる。

ボクシング世界チャンピオンになる目標を掲げていても、
様々な障壁で、いまだにプロテストさえ受けてないならば、
自分の人生の方向性を疑ったほうが良い。

様々に襲ってくる障壁の意味を熟考すれば
そちら方面に進んではならぬという宇宙からの信号と
解釈できないこともないし、ライバルたちを冷静に観察してみれば良い。

ライバルたちは
アナタと比較すれば
悠々自適である、親が邪魔をしてこない。

司法試験や公認会計士試験も同様だ。

夢を語り夢を追い続けている男に関わる場合の注意点は、
その男が、コツコツ結果を出しているか、すなわち、明らかに
目に見える積み重ね領域をキッチリ把握し、検証しつつ前に進んでいるか、
選択肢は広がり増えつつ、エントロピーは減少の方向へ向かっているか、
たった3つのモノサシ幸福三原則を使うだけで、自信が生まれてくる。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。