引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年09月01日

お金で買えないものは有価値や無価値

お金なんかで買いたくないのは必要ないもの、
ゆえに、言い方は誤解を招くかもしれないが、
無価値なものをお金で買うことは出来ない、通常は。

もちろん例外を除いて、の話だ。

すなわち、
相手との関係性を上手に維持するために、
無価値のものをお金で買う表面的な素振りを
見せている人は存在する礼儀や悪しき慣習として。

たとえば
ホームレスの人のプライドを傷つけないように
腐りかけのオレンジを1ドルで買ってあげてコッソリ
見えないところでゴミ箱に捨てる、その後、再びホームレスが
そのゴミ箱からオレンジを拾い上げて再利用に余念がない、またもや
買ってくれそうな(物乞いに応じてくれそうな)旦那様を探す、これ繰り返す。

ここにおいて
1ドルだから良さそうなのだ、
1000ドルだったら、ホームレスのプライドを
傷つける可能性という新たな問題が生じてくる。

1000ドルに大喜びして
抱きつかれても、たまったもんじゃないが。

以上のような無価値を通常は金で買えないと判断するのは
至極当然の人間的感情、じゃあ、価値が有りすぎて買えないものは?

歴史的な遺産、重要文化財、人類の共有財産、
そして、マトモな人の心、これも金では買えない。

だから金で動かない人間を金持ちは嫌がる、
マトモな宗教のマトモな人は決して金では動かない。

金持ちは金を使って此の世から
金で動かない人を抹殺したがる世の常なり。

国益という名のもとに
平気で個人を密かに葬り去る。

価値が有るものは恋愛感情において、どうだろう、
まともな人の心は、金では買えない、どうあがいても。

100兆円あげるから
お願いしますアナタの心を
私にください!と申し込んでも買えないだろう(たぶん)

はいはいはい、
よござんすよ、OK、承知いたしました、
心なんて差し上げますよってに、100兆円くださいませ、
早く、ちょうだい、と言う人は価値が無い心の人に思えるから不思議だ。

じゃあ、買えないのであれば
盗んでしまえ!ということになるが、
マトモな感覚で考えれば、意図的に盗もうとしても、盗めるものではない。

暴力でも盗めないし、
策略や奸智を巡らせ妖しい情熱を持ってしても、所詮は盗もう、
是非とも盗んでやろうという目的を有していた場合、
恋愛対象の神経がマトモであると仮定すれば
全ての悪あがきは不自然に反映される。

すなわち、目的に従って手順を踏んでいる目的的行為が、
滑稽を伴い邪道になって表面化してしまう、此れは経験者のみぞ知る。

わかりやすい具体例をあげれば、
アニメ映画カリオストロの城を考えてみれば良い。

クラリスの心を盗んだルパンは
意図的に盗もうとして盗んだわけではないのだ。

これが恋愛におけるポイントだろう。

女性と何らかの縁で関わることは有っても
基本的に意図して盗もうとしてはならないのだ(もちろん限度は有る)

早く私の心を盗んでくださいと願っている女性ならば
胸キュン的なハートスチールを実行してやらねば可哀想だ、
すなわち「オマエ早よ来いや〜!」と思っている女性は意外と多いかもしれない。

「お正月よりも、早く来い来い、私の恋」

「運命の男性よ、早く私に会いに来い!早く私に愛に恋!」

と考えている女性は現代の日本において
意外に多く存在するかもしれない(本当かよ)

さて、それでは、ここで
お約束のセリフを紹介してシメることとする。

将来的に、
結婚して、娘が6人出来たら、
付ける名前は、すでに決めてある。

自分としては、なるべく早く、
将来の娘たちに会いたいものだと考えている。

「愛」「麻衣」「美衣」「悠」「優亜」「由宇」
早く私に愛に恋!( ← なんじゃ、こりゃ〜〜〜! BY 松田優作)

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。