引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年08月21日

恋愛もTPOを把握すべし

恋愛対象や恋人に対して
思いやりが欠けると相手を持った関係性ゆえに
どっちもどっちでウザイとか男にも女にも思われたりするが
妥協なきマイナス評価の積み重ねの行方は決まりきっている。

「この人とは合わないのだ」
という別離の決心にたどり着くのみ、
それでも構わないと思うのなら「ハイそれまでよ」

そうじゃイカンなら
Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)を考えるべし。

即ち質問に対して
答えだけを返すべし理由まで添えると怒る奴が多い。

TPOで行けば
理由は聞いていないのだろう、
会話を手短に済ませたいときは尚更だ。

さらに、回答者の理由を聞いて
「コイツ自分の優秀さををアピールしているな」とか思う奴多し。

「誤解を招かないように
自己正当化しているがメンドクサイ!臆病だなコイツ」とか

「誤解による争いを避けようとしているが
俺様が誤解するとでも思っているのか失礼な奴め!」とか

回答者をナメ始めたり、評価を下げたり、
勝手に心の中で決めつけ始める、時と場合を検証して、
理由発言者の立場を考慮して心の中で判決を下すならともかく、
質問者は、そのような手続きを好まない馬鹿野郎が多いから大変だ。

質問している側が自分のことを偉いと思っている場合が多い、
本来は質問者が回答者に教えてもらっている弱い立場である場合がほとんどなのに。

以上のように理由を述べる人に対しては
「えらそうに!」とか「生意気だ!」とか
「理由なんて聞いてないよ、まったく君は自己顕示欲が強いな!」
などと曲解してくる頭の悪い人が多い。

余裕の有る質問者ならば
「敵意なし伝達や誤解を避けるためだな…」さらに思う、

「平和や友好を求めて
誤解による争いを避けるための理由叙述、
うんうん、分かったよ」と心中に察する。

要するに、まず、
理由付属発言者は、自己の置かれた立場を確認し、
TPOをわきまえた上で理由を答えに付属させて発言しているか、
此の自己行為態様の是非を検証せねばならぬ、俺の意識は正常か?検討だ。

そのうえで、
なるべくならば、
質問に対して「答え」だけを返す習慣を身に付けたほうが良い。

本来は、
理由付属によって
自己の思考パターンや
価値観を相手にイメージで伝えて
会話の広がりに資する形の情報提供を実施、
その後に、イメージを刺激された相手が、解答者の情報の中から
食いつきたくなる部分を抽出し再び投げかえす、すると、
会話のキャッチボールが始まり、会話が盛り上がるようになる、
おまけに勘違いや誤解までも防げる、これが理想だ。

しかし、
理由付属発言で上手くいかないならば、
アナタは質問してくる相手を自由に選べる環境を
身のまわりに創造せねば心の安寧は訪れない。

いきなりは環境を作れないなら、
ひとまずは、答えだけを発したほうがベター、
理由を問われた場合だけ毅然とした態度で堂々と理由を述べれば良い。

本来、解答者が理由を述べたくなるときは
「相手が勘違いしそうな局面で誤解を生まないため」であるが、
もはや相手の勘違いも已む無し、
誤解を毅然と振り払う形式で対処していくほかない、
とりあえず、事前防衛が許されないなら事後防衛するしか無い。

理由を聞いてくれれば
コチラも毅然として理由を述べることができるが、
コチラが恐れているのは
「理由を聞かず回答者の答えだけで
誤解したまま心の中で決めつけて終わらせようとする質問者」の存在。

理由を聞いてくれれば誤解は改善されるが、
勝手な決め付けだけが積み重なり、マイナス評価が蓄積されていく。

しかし、チョット考えれば分かるが、
そんな質問者を回りに置かないように
幸福三原則を実践しつつ環境を作ってしまえば良い。

すなわち、嫌な奴の環境に合わせようとするから
酒やタバコやギャンブルに走って病気になったり禿げたりするのだ。

だから、単純に考えれば
「私は正々堂々だ、それで誤解されるならば相手が悪い!」

「何か誤解が有ってムカついた場合、
もはや其の時は、こんな人間関係を脱出します!」と決断して、

「理由を問われるまでは絶対に答えしか述べない我を貫く」
そのようなリスクを背負った単純回答の手法を心から推薦するばかりなり。

それにより相手との会話すなわち
恋人や上司や同僚との会話が盛り上がらなくて、さらには誤解が生じても
それはアナタの責任ではない、全ては理由を聞かない相手の道義的責任なり。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。