引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年08月13日

恋愛ブログの存在意義

ズバリ、役割は、
参考資料(考えるヒント)を
インターネット上で提供することであろう。

ただし、もちろん誰かがブログ記事を
参考にしつつ行動したら其れは自己責任だ。

或るブログ記事に自己の価値観と
共通のものを発見し共鳴共感することで
自分だけではないのだ!と孤独を一瞬でも免れる場合も有れば
恋愛テクニックや考え方において新事実を発見して学ぶことも有るだろう。

心を落ち着けることもあれば、
コイツ間違っている俺のほうが正しい、
と考えることも有るだろう。

そして、大切なのは、
無名のライターであっても、
不特定多数のうちの誰かが、たった、ひとりでも
参考に出来ることさえ書かれて有れば、OKだということ。

これは究極的には書く側には分からないが、
誰において参考に出来るかは確率と可能性の問題だから、
ブログ投稿者の方としては分からないままに書き続けるしか無い。

まさに思うままに書きまくる、
そうすると共鳴できない人々や、
嫌だと思う人はブログに訪問しなくなるし、
まあ良かろうと思う人は読みに来るだろう。

元ホストやセックス1000人経験者の恋愛指導が
いまいちシックリ来ない人も存在するわけである。

だから、
ブランドイメージなどは、
その記事作成者に必ずしも備わっていることを必要としない。

もしも恋愛成功者でなければ、見向きもしない、
すなわち、参考に出来そうな無名記者の内容であっても
有名じゃないからという理由で決して耳を貸さないし絶対に相手にしないなら、
元売れっ子ホストのテクニックをそのまま信奉して彼に付いていくのも自由だ。

いきなり吸収できる能力的な素地(基礎力)が
アナタに備わっているのか疑問に思うのも自由だ。

そもそも、元ホストの言い分を首肯しうるだけの判断材料
(相手の言い分を計測するときのモノサシ)を持っているかどうかも疑問。

予備知識無しに最初から全面的に
モテ男の恋愛テクニックを直ちに信じても構わないが、
其のリスクはアナタ自身が負うべきで全ては自己責任なり。

少々不安ならば、
様々な恋愛についての考え方に
触れることから開始すれば良い、
少しだけでも準備すれば良いと思う。

恋愛ブログで何か記事を書くときに
ブロガーが恋愛プロフェッショナルである必要はなく
ブランドイメージが備わっていなければならないわけでもなく
書きたいことを書けば良いし書きたくなくなったらブログを閉鎖すれば良い。

読む人も
読みたくなったら来れば良いし、
読みたくなくなったら立ち去れば良い。

気が向くままに、来たり去ったり、
そりゃ、読者の自由、記者も気が楽であることよ。

もういちど言うが
恋愛記事の発信者(記者)は
恋愛経験のプロフェショナルである必要なし。

何らかの恋愛マニア、
恋愛実践者、恋愛成就目的行動者、
情熱的恋愛記事ブロガー、恋愛研究者、
恋愛失敗体験談所有反省者であれば事足りる。

これは、例えて言うならば、
ベンツを販売する者が実際にベンツを所有して
きちんと乗り回してレビューする必要がないのと同じ。

お客様の御要望に答えることが出来るだけの商品の解説や
アピールが出来れば良い、すなわち、「ジャパネットたかた」
を考えてみれば分かりやすい、商品を詳しく紹介する高田社長が
実際に商品を全て購入して試しているわけではないということだ。

徹底的に特徴を調べて上手に良さを説明しているだけだ。

実際の商品購入者のレビューでないにもかかわらず、
あの高田社長の紹介した商品が、どんどん売れていく。

高級マンション、宝石、ブランド品の数々、
フェラーリ、ミステリークロック、イタリア製高級家具など、
お店のスタッフさんは高確率で詳しい商品情報を持っているだけである。

実際の商品を持っていない、
実際に自分で買ってみて吟味して試してみたわけじゃない。

ただし携帯電話新機種や
ビールや缶詰などは別、試してみることが出来る可能性が高い。

フェラーリ欲しがる客が
フェラーリオーナー経験者のスタッフが存在する販売店からしか買わないと、
激しく主張したという事例をまだ聞いたことがない、物事には限度が有りますから。

しかし、PDF形式の電子書籍なら、まず買って中身ぐらい読んで
良質かどうか判断してからオススメしなさい、という理屈は分かる、なぜなら、
チーズやビールや缶詰や和菓子や塩センベイなどに近いタイプのオススメ商品だから。

電子書籍型の恋愛情報教材なんて
高くても数万円程度なのだから前もって
ブロガーが中身チェックしてからオススメすべき代物だと考える。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。