引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年08月03日

彼女に厳しい彼氏の正体

男は過剰に見栄を張りたがる奴が存在するが
自分の本質的な部分に実績がなく臆病であり自信の無さを
誤魔化したいが為に昔から此のようなキモイ不条理な男が存在した。

厳格な父親の正体は可能性として、
自己の情けなさを覆い隠そうとする人格構成作出パターンの1つだった。

ならば類推適用だ、厳しい彼氏の正体も同等なり。

2パターン有る。
稼いでいる場合と
稼いでいない場合とで
コチラ側の分析の仕方が違ってくる。

彼氏や父親が稼いでいる場合は
「まあ、しょうがない、稼いでいるのだから」と落ち着きやすい。

父親の厳格な振る舞いの中にも
相応の理由を発見できる納得のチャンスが存在している。

しかし奴が稼いでいないならば
「厳格な父親」というキャラに飛びついて
逃げることを思い付いたのではないだろうかと疑ってかかるべし。

すなわち物資の少なさや金の無さを
誤魔化すために子供に対して厳格になっているに過ぎない。

精神主義で稼ぎの少なさを誤魔化そうと躍起になっている惨めな男なり。

「厳格」の不正利用である。

すなわち、厳格になることで、子供に対して、
家庭という狭い国家の中で圧政を敷くことが出来るようになる。

貧乏な独裁国家を考えればすぐに分かる、
厳格すぎる貧乏な父親は、狂った将軍様のようなものだ。

「アイスクリームが食べたい」と言っただけで
往復ビンタされる状態が続けば子供は何も言わなくなる。

お山の大将を気取り、
狭い空間で天下を取った悪い内弁慶、
しかも臆病で卑怯な殿様が、やりたい放題だ。

そのようにして何も言わせないどころか「何も質問させない雰囲気」をつくる。

なぜならば、
厳格キャラに逃げた父親は
中身がない奴だと相場が決まっており、
頭が悪く無知で傲慢で無趣味で下品で稼げないくせに威張っている場合が非常に多い。

だから、子供の純粋な質問に答えられないから
「自分で調べろ!」「先生に聞け!」などと役所のタライ回しみたいなことをしてくる、
まさに、家庭は社会の縮図であることよ。

「一緒に調べてみよう!」という感じで、
親子で調べているという一体感、家族愛、温かみ、
調査しているというノリノリ感が子供に伝われば、
実は、子供は、それだけで満足、正解など要らぬ。

あなたの彼氏が厳しい場合は、稼いでいるのか貧乏なのか
実体的なプラス結果の有無をジックリ観察した後で何らかの
自己の能力不足を誤魔化そう覆い隠そうとして必死になっているかどうかを見よ!

幸福三原則に照らし合わせて検証してみれば、
厳格な父親の正体が見えてくる、というかタイプ分け出来る。

家族を幸せにするために厳格をまとっているのか
自分の見栄を張りたいがため、あるいは、情けなさや
能力不足や臆病を覆い隠すために厳格をまとっているのか判明する。

厳格に物事を実行指図することにより
(1)選択肢が豊富であり(将来的に増える、または現在その状態が維持されている)
(2)厳格になることでエントロピーが減少し
(3)積み重ね領域にプラスが構築されていく(蓄積されていく)という方向で
家庭内全体の様々な事態が進んでいるかを計測すれば判明する。

厳格な父親だけ選択肢が豊富で
エントロピーが減少して積み重ね領域にプラスが蓄積されて行っても意味が無い。

それを指称して「家庭内で父親が子供や嫁から搾取する実行行為」と表現できます。

独裁国家のトップだけが
幸福三原則に適合する方向で進行しているようなものだ、
どんどん搾り取ってトップと幹部だけハッピーに成っていく。

嫁や子供など周りから見て、家庭全体が、
ハッピーに成りつつあるかどうかをジックリ観察&検証してみれば、
父親の厳格は正当性の根拠を伴っているかどうか、たちどころに判明する。

予測通りというか、ほとんどの場合、
厳格な父親のみが、幸せになっているパターンが多い。

厳格な身勝手ルールを周辺他者に強制することで
時間やカネを手にいれて(たとえば、子供と遊ぶ時間を作らず、
お年玉を1回だけ最初に回収して中身をピンハネする、子供を無視する等)
他者を激しく犠牲にする踏み台パターンを活用することで(1)選択肢が増える。

そして(2)掃除洗濯買い物などメンドクサイことは
妻や子供に押し付けてエントロピーを減らし(3)自己のヘソクリを増やす。

このような最低の父親は
日本の、いたるところに生きています、
死んじゃえばいいのに!(Youさんのモノマネで)

ならば、そういうクサレ父親予備軍の現在の彼氏が
どういう了見をもってして厳格なのかを今のうちから見極めておくべきこと
此れ即ち失敗しないための処方箋アンド防御策であろう、後で後悔したくないものだね。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。