引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年08月28日

あまのじゃく的な恋愛その1

反抗的というか
ひねくれているというか
結局は修羅道を楽しんでいるか
もしくは他人のせいにして乗り切ろうとしているタイプは
甘やかしてくれる人間をたくさん周辺においている人間だ。

年上の女性としか付き合わないと
宣言している貧乏若造やワガママ男や
年上女房をもらおうと企図している男に
あまのじゃく的タイプが多かったように思う(まあ偏見だが)

ここにおいて
あまのじゃく的な性格が
作り出してしまう変な男と変な女
「だから言わんこっちゃないオトコ」と
「ダチョウ倶楽部オンナ」に関して考察してみる。

明らかに!もしくは、曖昧に!であっても
仕掛けられた罠が有れば正常人ならば近付かないはずだ。

其れが明白かつ容易に危険なものであると
通常一般人の平均的な認識力をもってして把握できて
もしも引っかかれば見苦しくジタバタして被害を受けると知りつつ
自ら進んで積極的に自発的に探究心旺盛な形式で敢えて向かって行く、
それが、あまのじゃく的な人間性を強く前に押し出している奴の特徴なり。

見事に罠に引っかかり
ヒドイ目に遭って笑いが取れるなら、まだ良いが、
事件公開後の周囲の人々や非公開オフレコの場合に
事件を伝聞した特定個人が其の被害者オンナの生活の実情に
唖然としてドン引きすることが世間では、しばしば、有ります。

これをダチョウ倶楽部オンナ、
もしくは本物のダチョウ倶楽部さんに悪いから
にせものダチョウ倶楽部オンナと定義しようと思う。

でも今のところ
「ダチョウ倶楽部オンナ」で此の記事を書いてみる!

男はA子に警告する、
あの悪女Bに近づくな、
Bという女は恐ろしい女だぞ、
優しい素振りに騙されるなよ、
醜悪な顔付きを見りゃ分かるはずだ、
心の状態が顕現されているのが分かるはずだ。

人間の内面が40超えた男女の表情を形成するわけだから、
積み重ねてきた人生は、どうしても顔に出てくることを知れ!

ほとんどの場合、顔で見抜けるはずだ。

訓練を積んだ人間ならば、
化粧や服装や髪型や体型や
一時的な笑顔で誤魔化されやしない。

うそくさい表面的な親切なんぞ詐欺師の常套手段、
今まで、どれほどの女性が最初の親切行為に騙されてきたか!

40歳を超えているのに
ホラ吹きとウソツキが災いを周辺にもたらし
しかしながら絶対に自分が悪くても謝らず反省せず逆切れで乗り越える。

狂人気取り若しくは
自分を客観的に見れない腐れスケバン体質、
ああ、こりゃ残念もうちょっとだったのに即ち惜しい事に
国家から保障を受けられないタイプの性格異常者なのだよ。

次回、その2、に続きます。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。