引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年07月30日

同レベルなら刺激が少なく長続きか?

恋愛だけに限らず
社会を生き抜いていく上での知恵であろう。

同じような身分の者どもが
くすぶって集まっているときの我が身の振り方。

抜きん出た優秀性や
ブラックホース的な切り札を
露呈しないように配慮しなければならぬ。

閉塞的な職場や地方の部分社会において
あっと言わせてやろうなどというロック魂なんぞ
芸能人でもない限り危険な自己満足に過ぎず有害無益なり。

この人は我々とは違うのだということを
彼らに分からせないように細心の注意を払わねば
彼らの醜悪な嫉妬心が増幅されて攻撃対象にされてしまう。

ほとんどの人間が
努力を忘れたゴミクズ劣等生であることを
人類のピラミッド構造から再認識しようではないか!

同じ穴のムジナ的な同列性は好まれるが、
優秀性すなわち逆は、厭わしく思われてしまう可能性が高い。

自分より遥かに優秀な人が
近くにいて、くすぶっている奴だけども
高い志を持ってコツコツ努力しているのが判明すれば
なんにも持たないジェラシー人間は足を引っ張ろうとする、
自分には可能性が全くないから可能性有る人間を無理矢理にでも
そばに置いておくために格差不発生のための引きずり下ろしや妨害行為を働く。

緊急雇用や臨時雇用や
パートアルバイトや求職者支援制度を利用する人々など
社会的にレベルが低いと大勢に解釈されている環境に已むを得ず
我が身を置かねばならぬ緊急時は、無口こそが最大の防御なり、
さらには、不気味的攻撃でもあり、居心地を良くするための処方箋だ。

質問にはノーコメントで通し、
知っていても知らないふりをする、なぜなら、
相手のためを思って丁寧に詳しく教えてあげても、
相手は劣等生で心がネジ曲って性格がヒネクレテいるからこそ
時給が低い其の場所で働いているという業を背負っている場合が多い。

そんな奴は、
素直に有難いと受け止めず、
知ったかぶりしやがってとか、
屁理屈をこねて突っかかってきたりとか、
しまいには質問ばかりしてコチラの隙をうかがい
馬鹿に出来るチャンスを必死で探している、なんとかして、
やりこめてやろう、落ち込ませてやろうと、相手の情報を引き出し
モラルハラスメントのチャンスをうかがっている。

嫉妬に狂うのは劣等生の常套手段だ。
奴なんぞに究極的に残された作戦は太古の昔から
「死なばもろとも作戦」であり、道連れや足の引っ張りを極端に好む。
大きな組織が内部から破壊されて崩れていくパターンが将に此れなり。

一生貧乏お決まりパターンを繰り返す奴。
関わってはならぬ、会話してはならぬ、心を開いてはならぬ。

根っからの劣等生(回復不可能な人生の落ちこぼれ)は、
常に文句を言うべき対象人間(ストレス解消のための道具人間)を探している。

努力できない病気は国家から認定を受けることが出来ないから、たちが悪いのだ。
向上心を持って自活行動できない生意気病は高級外車を乗り回す生活保護者に多い。
生活保護者が高級外車を乗り回すのは、さすがに常軌を逸しているので首肯できない。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。