引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年07月23日

本音で話す異性の光と影

本音を話してくるからといって
其れが其の異性のコチラに向けての特別扱いと解釈できるならともかく
単純に誰に対しても本音で話すならば、余程の実力者かオバカサンであろう。

親しくないうちから本音で喋ってくる奴の本質は、だいたい決まっている。

聞いてもいないのに(コチラから質問してもいないのに)
自分のことを本音でベラベラ喋りだす奴は、心を開いているのではない。

相手が正確に自分のことを記憶アンド記録していることを望む馬鹿野郎が多い。

「このまえ喋ったじゃん、真面目に聞いていたの?」とか抜かしやがる。
だからといって、コチラが正確に記憶していれば、食い違いが起こった時に、
「そんなこと言っていない」とか「知らない覚えていない」など誤魔化す奴だ。

この場合は記憶違いでイノセントの場合と
故意すなわち知っているのに知らんぷりの場合があるが
いずれにしろ関わると後々めんどくさい事態に見舞われる。

他人に迷惑をかけるヤツである可能性が非常に高い。

過去の辛く苦しかった経験談を話し聞かせて覚えていなければ怒る奴、
それが、「私の本音を聞いて、ちゃんと記憶して」ちゃんの正体であろう。

要するに誰にも相手にされずに
酷い目にあってきた真性かまってちゃん、
だが、自己正当化のために記憶を作り替えて其の場しのぎだから
事実関係がコロコロ変わったり、その場で矛盾や不利を感じた相手が
捏造するのでコチラがイライラしたり、迷惑を被る場合が多いというわけだ。

高確率で「迷惑及ぼし系人間」であると相場が決まっている。

「こんな奴です!だから自分のことを分かって下さい」
とでも言いたいのであろうか?

アンタの苛烈な過去の個別的な事情なんざ
ワタシャ知らねえ知りたくもねえでござんす。

知ったこっちゃねえ、
本当に知らんがな、オマエいいかげんにしろ黙れ!

世間には
アンタの個別的な
過去の経験や苦労を理解して
気を使わねばならない法律なんざ存在しませんのです。

形式的平等主義で行きましょうや!

わかってください…って、
もう本当に、分からねばならぬ義務なんて
厳しい世間に此れっぽっちも存在しませんのです。

もう、ほんとうに黙ってください、
いいかげんにしてください、というか早く自滅して死んでください。

そして、お約束のように、
「これだけ私が本音で喋っているんだから
少しぐらいはアンタも本音で喋りなさいよ!」みたいな態度を出してくる。

うざいw
オマエなんて信用してないのよ、
だから、こちとら、本音で喋って、たまるもんか!
というのが本音なのら〜(BY エム、エイ、ケイ、オー、ティー、オー、まことちゃん)

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。