引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年07月22日

自分を見つめ直すキッカケが恋愛

素敵な女性をデートに誘うつもりで
いやしかし待てよ、こんな自分のままで
アタックしても撃沈は容易に目に見えている、
どうすればよいだろうかと落ち着いて立ち止まる、
自分を客観的に見てみようと思いとどまる、そうだ俺は冷静なのだ、
ペニスが熱くなっている中学生男子の恋愛じゃないのだと自己制御。

入念に現在の自分をマジマジと見つめ直す。

今の自分がツマランということは
過去がツマランだったということさ、と思う。

思いっきり反省する、
45歳まで毎日まいにち反省の繰り返しで全然に道が拓けない、
常に軌道修正しつつ今後の方針を考える、そして、現状を緻密に検証する、
しかし、いくら検証しても、もはやジタバタ行動しつつ、ジリ貧の繰り返しで、
親に渡さねばならない毎月の支払金さえ無ければうまく資金が回転するのに…と、
どん詰まり感覚に襲われて吐き気をもよおす。

だが、なおも希望を持ち、自己を鼓舞する、
若くてカワイイあの娘さんを思い出し、あんな娘さんの方から、
「お元気ですかー」とか「元気してますか?」とか、メールが来る、
これは、ホマレだ、名誉の極致であることよ。

どういう結末に成るか怖いけど、
俺はマダマダ行けるんじゃないかと希望を持つ。

自己肯定しすぎると歩みが可笑しくなり
楽観しすぎアサッテの方向に飛んでいってしまうし、
自己否定しすぎると何もかもが嫌になり
初めの一歩さえも踏み出せなく成るので中庸が大切。

そうして、ヤケを起こさないように細心の注意を払って、
親を裏切るために何でも我慢する、そうすることで、仕返しの正当性が得られる。

「これだけ我慢してきたんだから
最終的には親を裏切っても俺は100%許される」という決意に磨きがかかる。

なんてことはない、
親を裏切るといっても
自活できるようになったら
音信不通に成るというだけのこと。

葬式も行かない、父方も母方も、
一切の係累の関連を断絶する、たった其れだけのことにすぎない。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。