引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年07月17日

いい人どまりは恋愛対象ならず?

いい人は、本質はイイ人でないことを女は見抜く。
優柔不断や臆病をいい人というキャラで隠し通そうとする男が多い。

要するに賢明な女性は
イイヒトという言葉の使い方の
光と影の「影の部分」に気が付いているわけよ。

女という生き物は、人間が、
どんなに信用出来ない生き物かを知っている。

信用してもらいたい、イイヒトなんです俺、というキャラクター。
そうではなくて、生きたいように生きている男の姿を見せたほうが良いのだ。

嫌われても構わないから、
利益を追求していくぜ!オイラ行動派だぜ!

そういう男と比較して、
利益は差し上げちゃっても良いから其のかわり
仲良くしたい事を好む搾取されがちなイイ人では、
利益追求行動派の男のほうを女は選ぶ、泥舟を嫌うから。

困るんだよね、いい人ほど、
嫌われたくないがために、お人好しや優柔不断になる奴が多いが
其のシワ寄せを恋人に持ってくる奴が多いのだ、しかし、女性は、
歴史上、いい人と連れ添っていても、恋人であれ結婚であれ、最終的には
生き残れないことを強く感じる、これは、野性的な女の勘が警告してくれる。

社会の変化に、いいひとタイプの男が付いて行けず挫折して、
経済情勢の変化にも適応できない旨を熟知している、ならば、
そんな奴とツルンでいても、幸福は逃げていくしチャンスは逃げていく、
そういう勿体ない状況を指をくわえて見ておらねばならない我が身のことを
想像すると、イライラして、喧嘩が絶えない毎日に成ることも見えてしまうのだ。

いい人タイプの男に提案してみよう、
もしも過去の女が忘れられない場合は
その女の欠点を思い出してみれば良い。

欠点のない女なんて居ない、
そして、付き合っている時だけ、
其の欠点までも好きになってしまうが、
別れた後に、その女の欠点を思い出せば、単純に純粋な欠点のはず。

いまだに、その女の欠点が好きならば、アンタは、
典型的な甘やかされて育てられたボンボンお坊ちゃんか、
もしくは歴史を勉強していないオバカさんなのか、もしくは、
人間を探求していない思春期で思考が止まっている夢見がちな少女的な男と言える。

もしくは、カモにされやすい馬鹿さん、ということになる。
其れでも良いと思うのであれば、一生、過去の女を美化して生き続ければ良い。

俺ら男どもが助かる、
ライバルはひとりでも減ったほうが
コチラとしては僅少ながらも幸福競争に打ち勝つことが出来る。

ゆるい男が世の中に増えれば
俺みたいな男が生きやすい、まあ、ときどきは、
鍛錬を忘れず好敵手を探すがね、神経が鈍らないようにね。

ただし上記の話は恋愛においてのことに限定、
いい人タイプの男にも、ビジネスマンとしては、デキる奴が存在する。

それなのに、どんな分野においても、
いいひとを「どうでもいい人」と揶揄したがる連中が存在する。

ちがう、どうでもよくないぞ、
「いいひと」も仕事の現場では必要だ、
要するに役割分担だ、営業マンやビジネスの現場においては、
そこまで低めてしまっては言葉の暴力であろう、いい人じゃないと困る。

いい人とは、
恋愛で深く接することは出来ないが、
仕事やビジネスで法律や目に見えないルールを
しっかり守れるキチンとした紳士的な人なのだ。

そうなると、役割分担的には、
浅い関係を形成するのに適した、
良い意味でのビジネスライクな人ということになる。
そういう人は絶対に世の中に必要なのだ、恋愛以外の分野で。

女が、いい人に抱かれたくないのは、
実は、セックスでは、いい人じゃないはずだ、という期待をしたのに
此れに反して、セックスでも、いい人タイプの男だったら刺激が無いからである。

さらにセックスをしない状態でも、
いい人の会話や行動が模範的でキッチリしているので
コチラだけダラシナクいいかげんな女の部分を見せるわけには行かないと
気を使い緊張して相手の「いい人キャラ」に合わせていくうちに、会う時は必ず、
いいひとキャラに自分のキャラを合わせざるを得なくなり窮屈で楽しくなく成る。

無理が生じて気持ちが疲れる、
相手は自分を写す鏡なので、相手が、いい人の場合、
アナタがDQNでなくマトモな神経の人間であればあるほど、
コチラもイイ人として対応せざるをえない、背伸びしてでも。

そうして相手を通じて自分の姿が鏡に写ったら
「違う、これ私じゃない」と思ってしまう、だからイイヒトを恋人に選ばない。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。