引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年07月13日

恋人や友人と絶縁して得るもの

何にでも光と影が有る。
絶縁は悲しい側面だけを持たない。

自己を本質的に高めたいのならば
くだらない友人とダラダラつるんでいたって
悪辣な環境を幸福目指して改善することは出来ない。

友人と絶縁して得られるものは
時間や金銭の消失を防ぐことだけでなく心の平穏だったりする。

楽しい楽しいと言ってばかり居られないし、
なんのかんの言って、ちゃんと、大切な友人は
自分の身の回りに連絡先を教えて残しているはずだ、
すなわち、ちゃっかりしているわけだ、それで良いと思う。

友人関係をたたっ切って得られるものの多さを自覚せよ。

友人関係らしき外形を
備えているものの厳密に精査すれば
「紛い物の関係」だと分かっているにもかかわらず
曖昧な関係に飛びつき混沌精神を固持するから不幸の連鎖構造に取り込まれる。

友人らしきふりをしている連中は
アナタを徹底的に利用しているだけで心の底からバカにしている。

ギブアンドテイクなのかを考えてみれば良い。

与え続けていることを愛だと勘違いするなかれ、なぜならば、
お人よしの部分を搾取されているに過ぎないこととの区別作業を
実行していないはずだから。

だいたいは舐められていることに気が付いているけれど
アナタが臆病だから奴隷化されていることを愛だとかに概念をすり替えたり
上手に自分の本心と怒りを誤魔化して単純にお人よしを演じているに過ぎない。

ピエロになることで自分をごまかすのではなくて
相手をピエロにしてしまうぐらいの経験も積んでおいたほうが良い。

その段階までは移行せずとも
友人関係をたたっ切ることの利点に目を向けようではないか。

まずは観察が必要、
アナタが友人だと考えている対象人を
よくよく検証すれば単にアナタを利用しているだけだと分かる場合が有る。

そして選別は悩まないことが重要、
こいつは友人じゃないかもと思っている時点で
友人じゃない可能性が高い、こういうのは感覚的に
「てきと〜」な感じで決めて良いのだよ、決意して行動するとは、
そんなものでよい、なぜならば、悩む状態こそ、おかしい、普通は、
悩まないのだ、すなわち、こいつは友人であるという感覚があれば、
悩まずに「友人だ!」と思える、いちいち、友人かどうかで悩んだりはしない。

恋愛対象であっても同じ事だ、
付き合ってもOKな相手を悩んだりはしない。
こりゃ、アカンと思えば、断絶すべき、それをさせないのは
性欲や金銭欲が邪魔をしているはずだ、もしくは、虐待被害者の心の闇が
寂しさを増幅させて、すがりつきたい感情が出てきている時だったりする。

厳密に悩んで恋愛対象か友人かどうかを
判別せざるを得ない境涯に我を追い込む奴なんて
恋愛対象や友人などではない可能性が、ズバ抜けて高い。

ならば呪縛をたたっ切り
新しい人間関係の構築を他の場所に
目指す求める行動すれば良いだけの話である。

司法浪人仲間、大学受験仲間から脱出して
強制や呪縛などを自己のライフ空間から取り払ってしまえば良い。

ツマラン人間関係は、
断絶、絶縁、絶対絶交などなど、
たたっ切って自己を更新また更新の人生プログラム。

幸福構築のための人生更新プログラムを
ウインドウズからでなく自己の生命の源と
書籍の知恵と検索エンジンから導き出せば良い。

同じ仲間内で付き合うからバカにされるのだ。
奴らのレベルは、あなたよりも、低いはずだ、ズバリそうでしょう。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。