引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年07月12日

選択肢とエントロピーを恋愛分野で考察

選択肢が多く有る場合に
エントロピーを減少させる場合
たとえば恋愛対象数名と毎日メールし過ぎで
自分の稼ぐ時間が足りないから徐々に恋愛対象を減らしていく場合は
多すぎる選択肢そのものがエントロピー増大を引き起こしている場合だから、
当然にエントロピーの減少は選択肢を減らす方向に進み、
実質的な中身充実すなわち「積み重ね領域のプラス増大」へと繋がって行く。

また或るときは、
選択肢以外の日々の無駄なる雑多な作業を
減らすことで選択肢を増やす方向に進むことも出来る。

たとえば、タバコをやめて、パチンコも麻雀も卒業して
テレビを見なくなり、ゲームセンターにも行かなくなり、
オンラインゲームもしなくなったなどして、さらに無駄な趣味を
一個減らすだけで、新鮮な出会いに身を投じる時間が確保できて
カワイコちゃんとメル友になるキッカケをつかんだなどの具体例。

貧乏な人間が選択肢を増やす方法は、
とりあえず選択肢以外のエントロピー減少から開始せざるを得ない。

そのように実行しつつ
稼ぐ方向に努力していくと、
順番をまっとうに踏みやすくなる。

選択肢を正当なる順当なる王道の方向
すなわち稼ぎの方向で増やしていくのが幸福の基本だ。

貧乏でフットワークが重く窮窮としている場合、
この場合は、とりあえず中身充実というよりは、
とりあえず比較対象を増やすという選択肢の増大から始めなければ、
やり損なう可能性が高い。

たとえば、最初から弁護士に成ることだけを目指して突き進んでいくのは、
選択肢を狭めて、エントロピーを減少させパラノイア的に積み重ね領域で
勉強量をプラス継続させて実力を付けていくのだが、危険極まりないことだ。

現実的に通用力を持った金銭増大や
車の免許取得や体力向上などと性質が違って
「通用力を持たない知識を積み重ねる行為」に没頭しているに過ぎない。

とりあえず軽い方面での国家資格を取得して
選択肢を増やしつつ弁護士を目指すのが王道なのだ。

いったん、まとめます。

まず、選択肢が多く有る場合に、エントロピーとの関係を考えてみる。

すると、
選択肢そのものを減らして
エントロピー減少を達成する場合Aと、
選択肢以外の雑用(無駄な人間関係を含む)を減らして
エントロピー減少を達成する場合Bとが想定できる。

AB双方ともエントロピーが減少することに変わりはない。

Aにおいては当然に選択肢は減るが
積み重ね領域の充実をプラスに持っていくベクトルが見えてくる。
上記Aは基本的に金持ちのやり方である。
選択肢を減じる代わりに
積み重ね領域のプラス構築を加勢する方向すなわち資する方向に進む。

Bにおいては
無駄な人間関係などのエントロピーを
減少させて選択肢を増やす方向に進む。
上記Bは基本的に貧乏人のやり方である。
Bの場合、積み重ね領域のプラス構築までに向かうための余裕は無いはずだ。

そもそも、まずは、
選択肢から増やさねばならぬ段階を作るために
人間関係縮小などのエントロピー減少に着手したわけだから。

選択肢が豊富に無いにもかかわらず、いきなり、
少ない選択肢でエントロピー減少で積み重ね領域でプラス構築を
実行していこうとしても前に進まないことが多い、間に合わないのだよ。

なぜなら、そもそも、初期状態において
選択肢が少ないままに積み重ねは実行し得ないからだ。

わかりやすい具体例をひとつ。
選択肢が少ない即ち貧困のままに
節約を重ねてエントロピー減少しつつ、
そのまま選択肢を増やさずにコツコツ
倹約だけ重ねて貯金額を増やして行っても、
貯金によって選択肢増大に着手しないならば、
確率的に言って、幸せになれないということ。

貧乏人が倹約を実行して
貯金していったとしても、
たかが、しれているということ。

時代の変化に対応できずポシャってしまう可能性が高いし、
セコセコした感じでは本物の幸福(選択肢豊富)から程遠い。

さて、もう一度、AとBに戻ろう。
Aはエントロピー減少で選択肢そのものは減る。
Bはエントロピー減少で選択肢そのものは増える。

すなわち、エントロピー減少においては、
自分で何を減少の対象物とするかによって、
其のサジ加減次第で、幸福へのベクトルは如何様な方向にも伸びていく。

選択肢を増やさないままに
パラノイア的に国家試験に進んだりしてしまうから
(選択肢少なくエントロピー少なく積み重ねが
形而上的分野であるのに熱意を持って突き進むから)
ピラミッド的構造の底辺を担う敗者が世の中に多く生産される可能性が高いわけだ。

あくまでも確率的な可能性の問題であって、
貧乏で選択肢少なくエントロピー減じつつ
勉強の積み重ね分野で成功した人も居ますが数字的に僅少だ。

結局のところ私は担保的な概念を提案しているに過ぎない。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。