引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年07月09日

デートに誘ってくれない理由

恋愛対象をデートに
誘わない理由は何なのだろうか?

嘘をつきたくないから会わない、
ミエを張りたくないからデートしない、
情けない姿を見せたくないから会えない…

虚飾を自ら作出したわけでもないのに
あたかもペテン師みたいに思われたくない。

会わない限りは
「あなた嘘を付いていたのね!」
というふうに責められることはない。

むこうが勝手に良いイメージを持ってくれているときに、
何とかして其のイメージに追いつき追い越せと影で努力しておれば、
最良のポイントすなわち会うべき頃合いというものが計算できるはずだ。

しかし、
すべての準備が整ってから会いたいとなれば、
100年以上は会えないはずだ、完璧主義者はデートできない。
あっという間に失敗の可能性が見え隠れしている中に飛び込んでいけない。

歯並びを直してから、しかも、金属の部分を
全部セラミックに直してホワイトニングしてから、
レーシック手術して視力を回復し眼鏡を不必要としてから、誘うつもり、
そういう改善が達成されてからデートしよう、これでは、いつまでも会えない。

それだけにとどまらない、
たるんだ腹の贅肉を削ぎ落してから、
顔のほくろを手術して取り除いてから、
整形外科で顔のシミ抜きをしてから、車の免許を取ってから、
車を買ってから、車の運転が上手になってから、肉体改造して
首周りと肩幅と胸板をガッチリ形成してから、デートに誘いたい。

まだまだ続く、
実家を出てオートロックのマンションに引っ越してから、
社会的な信用を身に付けて会社経営者に成ってから、さらに、
自己の得意分野を開拓して名実ともに世界一の分野を我が物にしてから
恋愛対象に会いに行こうなどと考える、ここまで行かなくとも似たようなもんだ。

準備しすぎると単なるお爺ちゃんに成ってしまうだろう、
これじゃ、間に合わない、ならば相手を選び直せという話。

ステップアップ恋愛であっても
相手を傷つけなければ許されるだろう、
現状の自己でも気に入ってくれる女性をデートに誘うべし、
とりあえず今は此の娘と付き合うというスタンスで良いかもしれぬ。

経済的に安定してからというのが
全てに「GO!サイン」を出すための
第一義的な布石だとは理解できているのだ。

女は発展途上の男にはリスクを見出すので、
完成形の男に安心や安定や信頼や信用を抱く生き物でありこれは是である。

司法試験浪人の男と医学部学生の男とを比較してみれば
合コンでモテるのは確率的に医学部の男子学生であろう。

女性は損をしやすい生き物であり、
女の一生なんてマジで輝かしい時期は、
ほんの一瞬でしか無いわけだからリスク管理こそが重要。

男が60歳になってもスポーツジムに通う精悍な顔と肉体で
大金持ちであれば若い女と付き合えるが、女性がジムに通って
大金持ちであっても60歳のオバサンであれば若い男も逃げていく。

男女には通用する年齢において不平等が厳然として存在する、
金持ちの老女であっても若い男を囲えない現象が確率的に高いと思うのだ。

世間を軽くネットでもリアルでも見渡してみれば分かりやすい。
例外は有るだろうが、まさに、僅少すぎる存在率であるに違いない。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。