引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年07月28日

教えないのには原因がある

本当に恋人の為を思って教えない場合もあるだろうし
恋人の性格が異常者っぽくて別れる準備をしている場合は
有益なおかつ詳しい説明をたくさん要する情報などは教えないものだ。

あえて教えないアドバイスしないのは恨まれるから、
コイツはエラそうにしやがってなどと曲解されるから。

「水中毒に気を付けましょう」と言ったら
「水中毒なんか此の世に無い、俺は昔ラグビー部で、たくさん水を飲んでいた!」
「練習中に水を一気に2リットルぐらい飲んでも平気だった!」
「水中毒なんて嘘を言うな!」
などと反論してくる、しかし、まずは疑うより先に
水中毒に関してインターネットや携帯WEBで調べればよい、
ただ、それだけのことをすればよいのに、
しないのは、落ちこぼれの自己を肯定しすぎて、
自分の感覚は正しいという思い上がり思い込みに
絶対の自信を持っているからに他ならない。

調べなくて傲慢に強力に発言してもよい?
もしかして万が一、間違っていても構わない?
調べないままに自己の思い込みを発言してもよい?

傲慢な自己を押し通して社会生活上で困らないからだろうか…
単純に私をナメているというだけなのかもしれないが礼儀正しさは存する…

コイツは顔付きが醜悪だった、
顔は長年の精神状態や性格が出てくる判断材料だ。

話を聞けば此の男は緊急雇用や
求職者支援訓練(2011年9月までは基金訓練という名称の給付制度)
に頼りすぎのくせに、経済的弱者にまで成り下がってしまった結果を
いまだに反省&更正しようとしないから容易に起こりうる傲慢現象だ。

妻子持ちでも、くだらない男が存在した、
嫁さんと子供が存在するならば、黙って和を保ちつつ
無口のまま余計なこと言わずに黙々と仕事すりゃいいが、
何故なのか分からぬがリーダーの器じゃないのにリーダーシップを取りたがる、
リーダーは周りの民衆が推挙して決めるべきもの、
周りから推薦もされていないのに「俺がリーダーだ!」
と言えるのは会社のオーナーぐらいなものだ。

自己は本当は優秀なんだぞ
という周辺に対するアピールを継続せざるを得ないのは、
ダメな自分のまま肯定し続けるほうが楽チンで、
自分を変えるという変化に対して臆病だから(気が弱いことの裏返し)に過ぎない。

これは、見抜く人は見抜くし、
どんなに虚飾で自己の気の弱さを誤魔化そうとしても見抜かれる。
其れを裏返しで表現しておれば防御壁を構成できるとでも思っているのだろう。

こういう奴を相手にしない、
関わらない、深い話をしない、
当たりさわりない会話だけに留める、
ときどき無視してやる、ときどき挨拶を返さないことで防御できる。

世の中には他人が心配して注意やアドバイスをしてくると
「オマエごときがナンボのもんじゃい」と考える落ちこぼれどもが多い
(だからこそ生涯を通じて落ちこぼれなのだが)

ボランティアを
気安く実行してならないのは
斯くの如き理由が存在するからである。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。