引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年06月03日

恋愛で主導権を握る方法

男が恋愛で多くの女性相手に
イニシアティブを取りたいなら、とりあえず稼げ!

稼いでいる男が女性に対して、
世の中お金じゃないという演技を見せて一人前。

この場合の演技は
強調表現に過ぎない立ち振る舞いという意味だ。

いちいち強調してあげないと、
あんた世の中お金だと思ってるでしょ、
なんて決めつけてくる連中が居るから、たまったもんではない。

お金が全てじゃないことなんて
今の時代なら小学生でも気が付いている。
誰も本気で金が全てなどと思っちゃいない。
分かりきったことである。

さてさて、
サラリーマンや公務員が
今の生活で満足しているならば、
休日はストレス解消に使えば良い。

ただし、嫌な上司で安月給で
ストレスが溜まっているならば、
休日に羽を伸ばしてストレス解消しても、
また嫌な職場に戻って行く日々の連続が待ち構えているのみ。

ストレスのループ状態パターンは続くよドコマデモ。
これじゃあ解決の糸口は見つからないままであろう。

ならば、休日を利用して、
不労所得の仕組みを知るべし。
家賃収入や権利収入の類を知るべし!
サイト運営型自動広告収入を知るべし。

不労所得構築の地道な作業を実行しつつ、
外注に仕事を依頼するなど工夫を重ねないと、
ストレス堂々巡りの人生が続き、徐々に年寄りになるばかりなり。

休日を有効利用するためには、人間関係の整理整頓も必要だ。
サラリーマンや公務員や派遣社員でストレスなんぞを感じる男は、
その職場に向いていないのを思いっきり我慢しているだけである。

周りをよく見なさい。
ストレスさえ感じることのないセンス悪そうなアホ男が闊歩しているだろう。
そういう奴は感覚が発達していないという「才能」を持っているのであって、
その場所に向いているのだ。

案外しがみついているのかもしれない。
だから我慢するのが当たり前という感覚で当然に、やっていけるのだ。

いい奴から辞めていき
悪い奴ほどシガミつくとは、こういうことだ。

その場所に根っこを張って
国取り物語みたいに生き抜くならば何でもアリだ。

法律の範囲内で奸智をめぐらして、生き残るために、
いやな奴にでも何でも成れば良い、OLが専務の愛人や社長の愛人になって、
特権階級的な威勢を振るうのも何でもアリだから嫌な奴ばっかり残っているのだ。

擬似的な殺し合いの国盗りゲームなんだからね、
どんなことをしてでも其の場所に根っこを張り、
自分の居場所を確保するサバイバルゲームなのだから、
確率的に濃い奴というか嫌な奴ほど残ってしまうのだろう。

この場合、派遣社員で正社員に成れる可能性が全く無いのに、
国取り物語みたいにイガミ合っているスケバン体質のオバサン連中が存在する。

しかし、
本末転倒も良いところ、
期間が経過すれば卒業していくのに、全神経を注いで、
快適な環境づくりに励んでいる姿は
滑稽を通り越して、キモババア、不幸の連鎖構造の原因で有害である。

関わる人間をどんどん不幸に
引き込んでいくタイプの諸悪の根源である(もちろん本人は必死)

いがみ合っている時間は無いだろう、期間限定の派遣社員だ、
次の仕事に向けてのスキルアップに神経を注ぐべきであって、
仕事以外の正社員の飲み会なんぞに必ず顔を出して情報操作や情報交換をする愚行。

特権階級的に扱われるように
仲良し狙い的な課長取り込み作戦を実践、そいでもって、
気に入られる立場の確立に精を出している場合ではないはずだ。
あんた所詮は使い捨てなんだよ!

まあ、よい、そこまでコチラ側が心配してあげる必要は無い。

さてさて、もういちど、よく考えてみよう。
本来、人間関係やタスク内容が大変ながらも、
仕事が楽しければストレスなんて、そこまで感じないはずだ。
小さなストレスは有っても大きなストレスは無いはず、楽しいのだから!

いいや、仕事なんてものは
ストレス感じてナンボでしょう、という男の時代は終わったのだ。

現代は、
誰にも会わず、もちろん、
人間関係的なストレスを感じないで、
サラリーマンの年収を月給で稼ぐ男が、
ウジャウジャ登場しているわけなのだから。
ある意味、知らないということは、幸せなのだろうけど。

インターネットで稼ぐ方法を
グーグルで検索しない男どもが日本には多すぎる。

以上、男が主導権を握りたいならば、
稼ぐしかないという当たり前の話でした。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。