引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年05月28日

過去を振り返る男と認定されるべからず

成功者であるとの自覚が無いとき
女性に過去のことを質問されたとしても
発展途上の男ならば素直に答えてはならない。

現在進行形の夢追い人ならば特に注意せねばならぬ。

結局、成功者一歩手前の男たるもの、
ひとりぼっちで黙って無口で、やるしかないのよ。

ただし、こういうときにこそ、
話を聞いて癒してくれる女性がいれば、
そりゃ、人生の宝物ですばい、大切にしたい女だ、
そんな女に、いままで、出会ったことなんて一切ないが、、、。

様々な場合とタイプが居ますが
単に質問されたから答えた場合でも
結局のところ女性から嫌われる原因になる。

誰も聞いていないのに
自分から積極的に話し始める奴でなくて
むこうから興味を持って質問してきている場合なのに
単純に相手の質問に正確に答えただけでも勝手に女は決め付ける、
「駄目だ此の男、腐ってやがる」みたいに勝手にレッテルを貼られる。

どのような事情があって
ココマデ落ちぶれているのかなどは
一切考慮してくれない其れが女という生き物なり。

過去が栄光めいていた場合だね、
現在は挫折中みたいなモラトリアム男なら、なおさらだ。

まず男が「おお、あなた、私の過去の話を聞いてくれますか?」
みたいに喜んで、とても辛かった悲しかった過去の苦労話を此の人ならば
聞いてくれるかもしれないと或る女を対象にして話し始めたと仮定しよう。

ターゲットにされた女は
面倒くさいと思うだろう、時間の無駄、短く話せよ、
しまった、質問なんかするんじゃなかったとイライラするだろう。

上記の場合は
わけあって非正規雇用者に
成り下がってしまった男の事例だ。

成功者ならば事情が変わってくる。
成功者の過去が悲惨であればあるほどに美談に転じ易いが、
現在において成功者でも無いのに、学歴を質問されたから、
しょうがなく答えたところで、有名な一流の旧帝国大学を
しっかり卒業していることが判明すれば、いったい、あんた何で、
こんなとこで、くすぶってんのよ?バカじゃないの!もったいない、
大変に気持ち悪い無駄男だ、消えて無くなれ、死ね!などと思われる。

結果出していないのに過去を語る男、
その過去が輝かしい栄光であった場合でも、
多くの民衆の気をひく苦労話であった場合でも、
現状のアンタが借金200万円の無職のオッサンだった場合、
いまのところ良い結果を出していない男が過去を語ることになる。

語る行為の前段階において、
いくら女性がアナタに魅力を感じていた場合であっても、
台無しになってしまう。

「そんなつもり有りません」というアナタの心のつもりなどは関係ない。

アナタに虚飾のつもりはなく
単に過去の栄光という自己のウィークポイントを
今まで語らなかったという行為自体、社会で生活していく上で、
トラブルを避けたがる人間において、ごく自然な行為だったはず。

だが、
恋愛対象の女に
自己の過去を語ることを求められ、
正直に語ったら、幻滅されてしまうとは、これ如何。

それは、男の情報管理能力の稚拙さによってモタラサレタ悲劇なり。

この時点で女が感じ取っていた男の魅力は、
虚飾が剥がれ嘘臭いものとなり幻滅を女に与えてしまう。

さらに、現在結果を出している男が
過去の苦労話をしてもウザイと思う人が居るだろうし、
「その過去の苦労話は、おおげさに脚色されているに違いない」
などと彼の苦労を認めたがらない連中が多い、たとえ恋愛対象の女でも。

とくに、恋愛においては疑うことが、
かなり重要であるという攻撃防御方法を覚えた女ならば。

なぜならば、
ほとんどの人間が、成功者の過去を聞いて
自分を見つめなおせば自己のちっぽけな存在を自覚する。

これをキッカケに意識の改革を求められるが、
これに拒否反応を起こす馬鹿な連中が世の中には多すぎるのだ。

小学校や中学校や高校の頃を思い出してみてください、
まわりの人たちは皆さん鋭敏で賢明でしたか、それとも、
ほとんどの人達が嘘つきで卑怯でワガママで傲慢で馬鹿でしたか?

あの時の馬鹿な連中が大人になって
イキナリ賢明で鋭敏な紳士や淑女に変身しますでしょうか?

連中は自分以外の人たちを決して認めたがらない、
そのことは自己の惨めさ情けなさを自覚させるキッカケを
手に入れたがらないことと同義、むしろ避けまくる、つらくなるから。

賢明な人が改革すべき事実を突きつけてくると
現場の自己を見つめなおし惨めな自分を直視せねばならなくなる、
此れが改革を提案される側のスタート地点なり、
だから目を背けたままで大丈夫な現況を守る方向に動きやすい、
その最も簡易で、たやすい行為が、知りたくない、自分で調べない、
分かろうとしない、見ない読まない聞かない認めないという行為なり。

素直に有益情報だけ見つくろって自己の人生に応用活用すれば、
他人の苦労を参考にして自己の苦労の正誤や費用対効果を検証しつつ
自己の人生を幸福方向へナビゲートすることが可能になってくるのに、
多くの心無い人達は、ダメな自己を肯定して停滞して文句を言いつつ拒絶する。

アナタが参考にすべき私の過去などという失敗談を
たとえ質問されたからという理由で相手に思いやりを持って
ポツリポツリ話し始めても相手は途中から「ウザイ」と考えだす可能性が高い。

結局は成功者以前には語れないし、
成功者に成ってからでも脚色だと非難してくる連中が多数、
結局は、成功した後に、わざわざ人を選んで語るしか無いわけよ。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。