引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年05月24日

付き合ってみないとわからない?

そりゃ、どういう状況に
そういう発言をするのか不可思議なのだが、、、

要するにだ、、、
けっきょく男は寝てみんと分からんよ、
というのじゃリスクがデカイぞ、デカすぎマッスル。

付き合ってみんと分からんよ、
実際に結婚してみんと分からんよ、さて、此れ、如何?

2タイプに分別される、
本当に分からない場合と、
実は或る程度は分かっている場合だ。

ほんとうに分からない場合、
これは、被害とか失敗を受け入れる覚悟をしている時点で
被害と失敗を引き寄せやすく成っている点に注目していただきたい。
単純に脇が甘くなって、つけこまれやすい生命状態に成っているだけの話。

もっと考えれば良いし、
データ収集と分析を徹底的に実行検証した挙句に
勝利の方程式を確信できる合格レベルの相手と付き合うべきであろう。

その後に、果報は寝て待て、
という威風堂々たる大船に乗った気持ちが表現された発言をすれば良い。

大胆不敵な自信を背景に持ちつつ「付き合ってみんと分からんよ」
と余裕の発言をするのであれば、それは、勝利確信後の御謙遜というもの。

馬鹿は死ななきゃ治らないどころか
馬鹿は死んでしまえば治る治らないの範疇の外なり、
馬鹿は死ななきゃ治らないのではなくて、馬鹿は死んだらオダブツなり。

酷い目にあってみなければ分からない、
実際に、被害を受けなければ分からない?

何のために
先人の知恵があるのだろうか、
なんのために歴史が存在するのだろうか?

世の中には被害にあってからでは遅すぎるという局面が多すぎるからである。

つまらん男に妊娠させられてから
其の後の人生を軌道修正するのは大変だということだね。

でも、正直言って、やはり、それでも、
「実際は、付き合ってみないと分からない」ですか?

しかし、それじゃあ、強行突破主義、
もしくは既成事実主義になってしまい、
人間が手に入れた最大の知恵の数々を全く活用していない。

すなわち、自らを活かすべき教科書は、人間の歴史の流れや、
先人の知恵や有益書籍や体験談ブログやインターネットの検索エンジンですよ。

ある程度予測しましょうよ、
他人の経験や失敗を我が身に置き換えて無駄な時間を省きましょうよ。

相手を見たら分かりますでしょう或る程度は!

人間的な傾向性予測や幸福になれる確率論や
感性的判断をフル活用させた過去の脳内データ分析や
実際に存在するデータ分析に基づいたプロファイリングなどなど、
或る程度の予見は可能でしょう。

人相学や声の出方や喋り方や
会話内容や冗談の傾向性で多少は判断しているはず。

そうでなくても、
もともと恋愛なんて予測不可能、
先を予測した上でリスクヘッジしたつもりなのに
突発的な事態に見舞われるのが恋愛ってやつですばい。

じゃあ、やっぱり、
付き合ってみなけりゃ分からないってことじゃないですか!

はあ?次元が違うだろう、
既に議題は程度の問題に移行している。

大量に収集したデータを分析して
付きあった場合の予見可能性を保ち
可及的な攻撃防御方法を備えた場合は
善後策によって軌道修正させることが出来る。

しかし、そもそもの自己の進むべき地図さえ無ければ、いま自分が、
どの位置に存在して何処に行こうとしているのかも不明になってしまう。

そもそもの戦略が前提的に存在すれば、
修正が効くのだが、基軸的な道標さえ無かったり、
人生的な地図さえ無かったら、もはや修正しようとしても、
いったいぜんたい何を修正して良いのかも分からないでしょう。

結局は、準備を整えて、勝利を確信できた人間の余裕の発言としてのみ、
「付き合ってみなければ分からない」という言い回しは有効で存在価値が有る。

そのうえで、修正が効かなかった場合は、
不運であったことよ、などの別問題が発生しており、
準備も調査もしないままに望まない妊娠をして運悪く
一生に一度の自分の人生を狂わせてしまうのとはワケが違う。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。