引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年05月14日

恋愛の失敗兆候を稼げない頑固男に発見

頑固な性格が稼げない方向へ転じているのを
まったく変えようとしないのは貧乏の連鎖構造なり。

そもそも人間は性格をなかなか
変えることが出来ないのは皆さん周知のとおり。

だから
稼げない方向で頑固な父親と一緒に居るのは
泥船に乗って荒海を航海するごとき愚行なり。

早めに脱出せねば死なばもろとも
さもなくば人生孤独オヤジ作戦の犠牲者にされてしまう。

頑固者が稼ぐ場合、子どもは安心して
其の頑固な性格を誉めたたえることが出来る。

良好なバランス感覚に裏打ちされた、
決断力の強情的すばらしさが、賞賛を込めた意味で
頑固と表現されているに過ぎないから、別に、良いのだ。

稼ぐ彼の本質は決断マニア豪胆オヤジだと言っても良い。

しかし、頑固者が災いして
稼げなくなっている父親は融通が利かないに過ぎず、
融通が利かない人間は、
殆んどの局面で空気が読めず馬鹿丸出しだったりする。

ワガママで自己中心的な父は
単なる無認定の狂人であることを秘匿しているに過ぎない。

かつて、
もう本当に、
ずいぶん昔なのだが、
父親は稼いでナンボ、
キンゾーは上ってなンボ!
と言ったのは俺だった(俺なのかよ!)

そういえば過去に、
「私は絶対に自分のやり方を変えませんよ」
と宣言して全く仕事が出来ないオッサンが居た。

結局は、奥さんがヒステリックに
子供をビンタしているなど家庭に影響が出てくるのだ。

そういう家庭の悩みを誰にでも話して
「どうなっているんだろう?」とか、ほざいていたw

こういうのを
自分さえよければ何でもよいワガママお子ちゃま父親と言う(長すぎ!)

実は奥さんや子供のことを
愛してなんていないことが奥さんに伝わる、
だから、ヒステリックに子供に当たり散らす。

奥さん気が付いているけど、
もはや、どうしようもないわけだねw

自分のやり方を変えずに転職を繰り返し、
言い訳として、
ステップアップだの、キャリアアップだの、
自己正当化の言葉を身にまとって
他人の目をくらませようと画策するが
完全に見抜かれていまっせアンタw

そして、予測通り、自主退職していきました。

「私は、この会社に骨をうずめますよ」と
タバコを偉そうに、ふかしながら、フカシやがったわけだ(78点)

腐れ人間のサンプルだけは豊富に持っている俺、
ときどき、俺は、なんて、悲しい生き物なのだろうと、ふさぎ込む。

しかし、すぐに、
晴れ時々くもり、みたいな感じで、
「俺ときどき俺」みたいなフレーズを思いついて、
なんとかして現状を乗り切ろうとする(どうやって?)

まあ、世の中には
本当に信じられない人たちが沢山います。

稼げないくせに威張っている奴(父親)、
稼げないくせに自分のやり方を変えない奴(父親)、
稼げないくせに自分の我がままを
身内に押し付けて嫁や子供に割を食わせる父親、
どんだけ家族に助けられて
生かされているか自覚できていないマヌケ父親のくせに、
「おまえらは俺にドンダケ食わせてもらっているのか自覚が足りない」
だの感謝の気持ちが足りないだの率先して言う。

なんだ、エキセントリックなクイズか?

先に言ったもん勝ちか?
ちがうだろう、家族として寄り添って
協力して生きているうちはお互いさまであろうことよ。

先にそんなことを
言ったほうが負けなのだ。

思うだけは自由だ(内心の自由)

チョットぐらいイイでしょうと言ったオバサンは、
ちょっとだけならアナタ自身が我慢すべきである!
ということを理解していない。

手伝いにしろ、ちょっとだけなら自分でやれよ!と思う。

もちろんチョットでなく
デカイ数量であっても手伝わないこと必至だがw

ちょっと雑炊(ヒガシマルちょっとぞうすい)
を、チョットだけ食べて!と言われようものなら、
たらふく食わせてけろ!
と反論することも賢明な読者においては想像に難くないと思われる。

さて、総括だ。

恋愛対象の頑固や、ひねくれもの度合いが、
ダメな自分を肯定する方向に進んでいて其れを
改善しようと試みる兆しが見えない場合は見切りを早めに付けないと
死なばもろともの泥船に連れ込まれること必至であるから注意せよ乙女、
注意せよ、日の本の丈夫たち、という老婆心が、にじみ出た御話でした。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。