引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年05月01日

恋人を親兄弟姉妹に紹介できない場合その1

恋愛対象の兄弟仲が悪い場合
自分をなかなか紹介してくれない、
そのような事態が容易に起こりうる。

それは、大切な恋人を家族に紹介した時に、
親族、とくに兄弟姉妹が、失礼なことを自分か、
もしくは恋人に言うことを予測し、げんなり来るから。

家族の誰かが恋人に失礼なことを言おうものなら
再沸騰させた電気ポットの熱湯を頭からジャブジャブ
かけてやらなければいけないから、紹介できないでいる、
そういう日本人は、けっこう多いはずだ(ホンマかいな)

人は誰でも犯罪者になりそうな機会を避けて通る生き物だ。

だから、むしろ、兄弟仲が悪い相手との恋愛は
最初から起こさないように注意しておくべきなのだ。

ときどき兄弟仲が良いか質問してくる異性が居るが
抜け目なく相手のことをチェックしている最中なのかも。

片思いの時期でも判断材料として有効だ、
もしも、恋愛対象の兄弟仲が悪かった場合、
たとえ恋愛成就しても恋人との結婚は無しにしておけ。

もしくは、結婚という形が見えないならば
はなっから、お付き合いしないと考えるのも有効。

将来の結婚が考えられない相手とは
セックスしないという人生の選択肢はアリだ。

このことにより、
真面目な恋愛をすることができて、
「しまった!」という感じの出来ちゃった結婚を防げる。

「しまった!」という感覚は苦渋の証なり、この場合は、
大歓喜なき受精と言える、ならば、子供が、かわいそうだ。

できちゃった結婚の犠牲者すなわち
図らずも出来てしまった子供を生み出さないことに資する。

彼女が妊娠した、よっしゃ、でかしたぞ!という感じで
出来ちゃった結婚を思いっきり喜べなければ嘘の人生なのだ。

さて、話を戻そう。

兄弟愛ナッシングの理由は
両親が幼稚であり我が子から奪いまくった結果なり。

お年玉没収、おこづかい無し、
夏休み何処にも子供を連れていかない、
金が足りないのに夫は嫁をパートに出さない、
理由は、「俺に恥をかかせるな!」だってさ、、、

よって母親は、
いつも化粧品屋で、
お客扱いされて喜び、
オシャベリを、5時間以上して
ツケで化粧品を買ってストレス解消。

家に帰ってから母は
子供をヒステリックに虐待し、
晩ご飯を、23時まで、作らない。

3人の子供たちは
「お母さん、お腹すいたよー」と訴える。
完全に無視してテレビを見ている、ときどき、
不良少女みたいな感じでハイライトをスパスパふかす。

稼げない父親は、まだ帰ってこない。

その数年後から
俺の弟の登校拒否と
精神病の徴候が現れるのだが、
両親は早めに手を打たず
「のんびり育てるから構わない!」などとお茶を濁し、
だいたい、この子が登校拒否になったのは、
クラス担任のせいだと言い張る。

絶対に違う、まさしく父母のせいなり。

今では俺の弟は、
国家一級の精神障害者であり、
毎日、大学病院から渡された薬を飲んで、
ゲラゲラ笑ったり、
なにか訳の分からないことを叫んでいたりする。

包茎チンポの弟は、
もうすぐ40歳で、まだ、童貞だ。

狂ったような39歳の弟の笑い声が
無職で45歳の俺の耳に入ってくるとイライラする。

なんとかして、
この家庭から脱出せねばならぬ、
ごめんよ、弟よ、お兄ちゃんは、
オマエを見捨てて出ていくつもりだ。

次回、その2、に続きます。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。