引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年05月27日

恋愛が無理なのではない

恋愛を無理と思う時は
単純に、恋愛で無理をしようとしているだけだ。

恋愛が無理なのではなくて
選別方法や自己のプライドが邪魔をして
無理な恋愛形態をイメージしているに過ぎない。

わざわざ達成できない領域を目指しているに過ぎない。

あなたは恋愛で無理が生じない相手を選んでいますか?

突拍子もないくらいにハイレベルな恋愛対象をターゲットにしていませんか?

手に入りそうもない幸せは
高めの相手を選んで心底のたうちまわっているときに
成就した絵空事をイメージングするだけが楽しいのであって
自己設定した実現不可能な妄想にジレンマを感じることは馬鹿げている。

恋愛で無理しないで歯磨き出来る環境や
健康を維持できる環境を選んで人生を生きよ!

恋愛にパワーを使い過ぎて、
つい歯磨きを忘れてしまうほどの忙しさを抱え込んだり、
寝不足な自分のまま生活を続けざるを得なかったりするのは、
現状では処理能力を超えたエントロピーが増えすぎて無理が生じているのだ。

体重が増えすぎてストレス太りしているのに、
そのままの状態で恋愛に向かっていけるのかをよくよく考えてみなさい。

無理をしないと生きられませんか?

エントロピーを減少させて
身軽な方向へ行きましょう、一時的な避難でも良いのです。

費用対効果などを考えて無理せずに、
まず健康な身体を形成できる方を選べ!

健全な精神は健全な肉体に宿る、
これは、若い頃ほど理解できにくい。

特に男であれば、まず肉体を標準より
少々パワフルと言えるぐらいに鍛えることから開始せよ。

単純化していけば良いし、具体化していけば良い。

真理は常に単純で具体的である。

手を広げないで、そのかわり
内面的なパワーをアップしておけばよい。

チャンスが来たら
いつでも行動に移せるように準備しておくためだ。

行動行動また行動で手を広げすぎて
自滅する場合かどうかを見極めなさい。

結局は、
バランス感覚が
必要になってくるので、ここにおいても、
行動のキッカケをつかさどるモノサシが必要になってくる。

幸福三原則、愛の三原則、人間関係三原則、光と影の三原則、などなど。

光と影の三原則とは?
1、どんな物事にも光を見よう(光を探せ)
2、どんな物事にも影を見よう(影を探せ)
3、光と影を併せ持つときの自己の立ち位置を見極めよ(グレーゾーン調整)

中庸やグレーゾーンは
バランス感覚で調整しなければ、
いつのまにか、やられてしまうという話だ。

此処は放ったらかし風まかせでは、
ほんのちょっとのタイミングで予期せぬ方に引っ張られて
自己の立ち位置が不安定になって不幸のほうに取り込まれやすいから注意だ。

生きることはグレーゾーンを修正し続けることに他ならない。

要するに、光と影の部分を把握したら、得られた明暗データを
自己の幸福観で再構築して活用しよう(光と影を活用せよ)ということ。

その継続が人生なり。

上記の3は、幸福観を通して再構築する作業が必要とされるという意味では、
フィルタリングであり、バランシングであり、自己幸福観への関連付け作業と言える。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。