引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年04月25日

恋愛で好きな人を諦める方法

あきらめるタイミングを計測する方法。

立ちはだかる障壁が有る場合と無い場合を考える。

ほとんどの場合は確率的に考えて
この恋は成就しないだろうという予測が
何度か検討してみても湧き起こってくるから
前もって諦めるわけだ、車屋でなくて恋愛方面の、
「情けないぞキクチ! by 木村祐一」という話だね。

もちろん、
やるまえから諦める人々が多い、
オフコースの「老人のつぶやき」を聞いたことがある御方は、
本気で好きになりかけた相手なら連絡先ぐらいは、
特にメールアドレスぐらいは聞き出す勇気を培ってきたはずだ。

あの名曲は、後悔するなよ若い人達、
というメッセージ性を持った若者鼓舞の名作なのだ。

だからこそ、老人は、
「あの人に私の愛が伝えられなかった」
と後悔しながら死んでいくのだ。

そんな後悔したくないなら、
少なくとも伝えるタイミングを計算して、
ウマク行きたいし、玉砕しても実際は死なない生き物それが人間。

だから、
思いは伝えたほうが良い、
たとえ失敗しても、その後に、
さっさと新しい若い異性と出会えばよい、
それが残酷な生き物すなわち人間の本分なり、
そういう生き物なのだから、しょうがないのだ。

自分は哀しいくらいに残酷な生き物それが人間、
その程度の生き物であることをそろそろ自覚したほうが良い。

ほとんどの男女は、段階や理由は何であれ、
セックスしていない段階で、あきらめる生き物だ、
潔いというか、高潔というか、世の中きれいな日本人だらけだ。

恋愛に限らず一般的に話す、だから、
みなさん、それぞれ、自分の恋愛に当てはめて、
適用加工して実効化よろしく解釈してくだされ。

まず、障壁が有る場合について。

これは、障壁のレベルを
如何に正確に把握するかということに尽きる。

順序が有るので段階的に考える。
チャレンジ前、チャレンジ中、さらに
チャレンジ中断後の復活、など段階が存在する。

開始する前に障壁の正体を見抜き、
チャレンジすべきか否かを決定する人が居る。
今の時代は、これが賢明だ、人間の身は基本1個なり。

なんでもかんでも挑戦していては身がもたない。
チャレンジ精神が旺盛なのは積極的な魂の輝きなり、
確かに美しいし見ていて気持ちが良い、ただし、中庸、
程度の問題、限度わきまえて無謀は避けなければならぬ。

ホームレス男性は
売れっ子女優に告白しないものだ。

無責任な大人は、
思慮深ければ別格、
そうでなければ本質は、
他人なんて知ったこっちゃない感じの
無責任発言を繰り返すクサレ外道多し。

若いんだから、とりあえず、
やってみりゃあイイジャンと抜かしやがる。

すべては若い行動者の自己責任だから
煽動的な無責任さを持ってオススメしてきたりします。

しかし、現代は
インターネットで検索できて、
情報を取捨選択できる世界、本当に、
かつての昭和時代とは様相が異なっている。

ならば、
徹底的にシュミレートしてみたら、
だいたいのリスクは把握できるものだ。

障壁をどこまでクリアすべきものと認定するか、
なぜなら、どう考えても障壁だらけで無理な場合、
人間が全身全霊を注いで努力した場合の結果を検討、
此れ何かが残ることは間違いないであろうが、よしんば
チャレンジ実行して残った失敗物の本質は単なる副産物である。

たとえば
司法試験浪人が挫折して手に入れる副産物は
少しあやふやな法律知識というだけに過ぎない。

学問でも農業でも何でも、
副産物には新しく手間ヒマをかけて
新価値を付けてあげねば役に立たない可能性が高い。

だから恋愛失敗や受験失敗でも何でも
副産物を失敗後の人生に生かせるか否かはアナタの腕次第。

さて、チャレンジ前の段階において、
「これは…、ふむふむ…、時間をかければ出来そうだ…」
と考える人も居るかもしれない。

しかし、迅速性が高価値の基本、
そうなってしまった現代社会においては、
「時間をかければ出来る事そのものがハイリスク」
だと認識しておいて損は無い。

そもそも時間をかけなくても出来る事さえ
通常の一般的なリスクを自然に伴う事だと知るべし。
以下に具体例を示す。

宅建試験、行政書士試験、司法試験、
時間が掛かる程度を比較しても、やはり、
どれでもリスクを伴っていることは間違いない、
リスクの大小は程度の問題、ただし、注意点を少々、
宅建ぐらいなら大丈夫だろうと甘く見る人多し此れ危険なり。

リスク問題は他にもアリ。

例えば、国家試験ならば、
受験科目の数や範囲が変更されたときに、
皆さん平等にリスクを背負うかといえば、そうではない。

家族のバックアップ体制や
経済的に恵まれているか否か
ハイリスク者と通常リスク者とでは、
世間に許された範囲内での実質的な不平等が生じる。

でも、障壁が有る場合において、
障壁をクリアできそうだという思い込みの方向で、
まずは、ポジティブに考えて検討してみる、そして、
先駆者が居なければフロンティアになれるのかを検討しよう。
まずは情報収集だ、ものさしだ、幸福三原則だ、愛の三原則だ。

次に、障壁が無い場合について。

障壁がないのに
中止してしまう人が
果たして存在するのだろうか?
と訝しがる人も居るかもしれない。

しかし、障壁がない現状(今あなたが普通に頑張れる状態)
を一時的なものと判断すれば、早めに中止しておくことも生き方だ。
司法試験を早めに中断して公務員試験に切り替えるとかのアイデアだ。

世間には人生の罠(落とし穴)に落ちないために
知っておくべき知恵というものが厳然として存在する。

実は、悲しいことに
障壁が無い場合のほうが、
思い切って諦める判断が難しい。

障壁がないときは国家試験の合格目指して
毎日を勉強に費やしても問題ないようにも思える。
しかし、この考え方には一長一短有る、むしろ危険なり。

では最後に
上記で述べたことを自分の恋愛に置き換えて
考えてみて下さい(いやいや、これって、けっこう面倒くさくね?)

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。