引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年04月21日

恋愛メールで男のペースを乱す女その2

前回からの続き。

メールのリレーを
いきなり中断する女が俺を助けているハナシ。

むしろ、
メールのやり取りが何回も続いて、
2人の対話が盛り上がった場合には
残酷なシチュエーションが訪れる可能性有り。

むこうがとても気を良くして、
直に会ってみたいなど考えたら、
本来は狂喜乱舞すべき出来事であるはずなのに、
俺は電磁エンドならぬジエンド。

女が会いたいとか
美味しいお店を見つけたので食事しませんか、
などとコチラが飛び上がらんばかりのラッキー展開を
差し向けてきた場合、なぜか現状況に置いては
バッドタイミングな俺が困ることになる。

まずは気持ちに余裕が無いため
会話を楽しむことが出来ないだろう。

デートは
ギコチナイものとなって
俺の魅力を出すことが出来ず、
あの若い娘さんをガッカリ落胆させるであろうこと必至。

よそ行きの洋服を
1枚も持っていないし、
デート代も全く無いどころか、
奨学金の返済すべき借金が200万超えで、
友人に20万円借金で、親に20万円借金で、
国民年金保険料は滞納中、、、
まあ、アルバイトはしているけど無職みたいなものだ。

こんな無職同然の
クズ45歳クサレおじさんウンコ人間と
バランスよくメールしてくれているのは、
この20代前半の娘の奇跡であろう。

すなわち、考え方ひとつで、
彼女の神がかり的なタイミング調整の妙(メール中断の妙)
に感謝せねばならぬのだ。

ここらへんで中断させておいたほうが良い、
というのを野性の勘で決定しているのだろうか?

それとも何も考えていない、というか、単純に、
オッサンの相手をすることに少々あきてきたので
小休止を入れたのであろうか?

いずれにしろ、
俺が守られて、これが続けば、
2人の間には何らかの縁が存在すると解釈できるので、
俺は今の過渡期を大切に扱いつつ稼げる自分に向かって
コツコツ日々努力すればよいわけだ。

だから、気持ち的に、
「どんな理由があろうともペースを乱す女は切れ!」
などと、自分だけに都合が良い解釈を
一時的な怒りでもって立ち上げてしまうのは、
俺においては影の部分だけしか見ていなかったことになる。

実は、今、
2人の関係が盛り上がってしまい、
向こうからのデート話なんぞが提案されて、
ただならぬ窮地に追い込まれて自滅するのは俺なのだから。

若い娘のデート提案に対して、
金が無いから、やんわりと断るなんて、
おそろしくて出来ません。

借金してでも出かけたくなるだろうが、
その後のデートに繋げなければ意味が無いので、
おそらく借金は膨らむだろうし、
雪だるま式に増えた借金のあと、
やっぱりタイプじゃないなどと、
絶縁状態にでもなってしまえば、
莫大な量の借金だけが残ることになってしまう。

闇金ウシジマくんに出てくるような、
情けない中年オッサンのキャラクターを
リアルな社会で実行実現してなるものか、、、

いかに俺が若い娘のメールやり取り断絶で
むしろ助かっているかを自覚できなかったのは、
彼女に対する感謝の気持ちが足りなかったのであり、
気持ちひとつで自分は幸せなのだ、
むしろ守られたと思えるということは、
まさに、こういうことなんだな〜、、、
と海より深く反省することシキリです。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長

hu300とhu400の違い
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。