引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年04月20日

恋愛メールで男のペースを乱す女その1

男のペースをグッチョングッチョンに
乱す恋愛女性のバランス感覚を考えた。

コチラのペースを乱す女は限度を超えた場合
いかなる理由が有ろうとも縁が無いと知るべし。

以下に記す内容は想像の産物であり、
物語風に書いたエッセイ小説みたいなもの、
完全に、フィクションです(ほんまかいな怪しいぞ)

女と合うか合わないかは、
縁が有るか無いか、そのものである。

メールのやり取りで
まったくペースが合わない
イコール時間を取られるということ。

オマエのペースで行けると思ったら大間違いだぞ!
と怒りをデータとして意趣返しの為に蓄積させるのも自由、
付き合うまでは我慢して、
付き合ってセックスを数回した後、
ゆっくり時間をかけて上手に自然消滅させていくのも自由だ。

しかし、
俺は、そんな無駄を好まないし、
それをやる価値さえ見いだせない。
そのような女に関わるだけ時間の無駄だ。

返事が遅い、、、
返事が来ない?、、、
どうなっているのだ?、、、
変なコト書いていないのに、またもや、
いきなり、メールのリレーがストップしたぞ。

この場合は、
大学時代の粉かけアシナガバチ女や、
20代後半の頃の粉かけババア類似の構成を当てはめてよい。

なぜならば、
返事が遅い本人が自覚していようがいまいが、
やっていることは相手を振り回す行為として、
結果本質的に同じだからである。

イニシアティブを取るためなら、
女はメチャクチャな意味不明の、
振り回す行為をする生き物なのだ。

天然で、こういうことをやっているならば、手遅れ女だ。
貴重な時間をそんな女に傾けるわけにはいかないということ。

たとえば、
正月に切った女を考えてみる(単なる自然消滅だけど)

また今日の夕方にメールします、
また今日中に電話します、と言っておきながら、
全く何の連絡も数日間してこないのは、
明らかなる意思表示、自然消滅のゴーサイン(Go Sign)

本来は、
複数の恋愛対象を持って(3〜5人)
メールしていれば、イラつかないはずだ。

しかし、ちょうど今、
切り捨てたり自然消滅させたりした女が3人になった。
すなわち、3人の女と絶縁状態を決め込んだ、復活は無い。

メールすべき恋愛対象が、
たった1人になってしまっておりピンチだと言える状況。

経済的にも徐々に窮してきているので気持ちに余裕が無く、
こういう時に、たった一人の女とメールせねばならぬなんて、
本当は避けねばならぬ。

しかも、よりによって、
いきなりメールのやり取りを
中断する女が最後まで残ってしまったなんて、、、汗。

けど、自然消滅しそうになったら、
必ず、「お元気ですか?」とメールしてくるので、
俺を嫌っているわけではない、ただし、嫌ってはいないけど、
暇つぶしに、からかっているかもしれん、、、。

またもや助けられたという感じで、
自然消滅(音信不通)状態の中断は今までに5回も有る。

そのときに
俺からは絶対にメールしないで
音信不通で縁を切ろうと決意していたので、
この女のほうから全部で5回も「お元気ですか?」
という復縁みたいな感じの継続メールを
送ってきてくれたことになる。

しかし、こういうことが、
2年以上も続いているわけだ。
いかげんに俺は疲れてきたぞ。

しかし、俺が彼女を1回もデートに誘わずに、
メールだけで楽しい会話をやり取りしているから、
俺に問題があるのだ、
イッツノットユアーシチュエーションというわけだ。

本当に俺は情けないクサレの
45歳無職オジサンであることよ、
彼女が俺を扱う仕方としては、
俺は感謝だけすれば良いのだろう、
そのくらい助けられているし、
この若い娘と俺を対比したら、俺の扱われ方は、
まだまだ上等なほうだと考えざるをえなくて、
実はコチラこそがアホ丸出しの勘違い男なのかもしれない。

この話は、
光と影で構成されているので、光の部分が次回に続く。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。