引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年04月15日

自分を好きになる事が恋愛で大切な理由その2

前回からの続き。

恋愛において
正当的な自己愛の重要性。

バランス感覚によって、
上手に担保されているような、
過剰でない自己愛こそが大切だ。

自己愛を解説しているURL
http://www.h5.dion.ne.jp/~takata/13/7.html
http://www.heartcompany.co.jp/mental/_narcissism.html

ありのままの自分を愛するのか?
果たして本当にそれで良いのか?
これは実は問題点を
多く内包しているので検証すべき!

そもそも「ありのまま」って何なの?
ここで、ひとこと断っておくが、もちろん、
ありのままに生きようとした蟻が
「蟻のママ」だったわけではない。

自己の中身が空虚で
自信を持てない無職男の場合は、
ありのままの自分を
愛するわけにはいかないということだね。

彼は思う。
いまのままでは駄目だ。
自分を愛することが出来るように
それなりに稼いでいなければならない。

そのぐらいの危機感を持って、
毎日毎日、最大限に努力して光り輝き、
もがいているぐらいの自分が丁度よい、
と考えた場合どうなるのか?

日々努力している自分が好き、、、

そういう稼げるように努力している自分を
好きになった場合は悲しいことに、
まいにち稼げるように一生懸命もがいている自分を
好きになってしまうわけだから、
稼げない状態が延々と続く蟻地獄に陥ってしまう場合が
存在しますので注意しましょう。

この場合、
稼げるようになった数カ月後の自分を
イメージして行動しておれば問題ないです。

さて、
自分を愛していない人は
恋愛に向いていないと言われている。

幸福になるためには、
まず最初に、自分を好きになることが肝要だ、
そのように聞いたことがある。
それは、どうしてだろうか?

自分で自分を愛せない人
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3896793.html
No.10ベストアンサー20ptのラスト1行が、すべてを物語っている。

ゆえに、
この部分を俺独自の視点で自己解釈してみる。

そのために、
まずは4パターン構成の言い方を具体例化してみる。
形式を準備して、掛け合わせの実質を検討していくわけだ。

存在する要素は、
(自分を愛せる人、自分を愛せない人)グループと
(他人を愛せる場合、他人を愛せない場合)グループ、
ゆえに、2かける2は、4パターンが形式的に出てくる。

1『自分を愛せる人が、他人をも愛せる場合』
→ 他人にプラスを与える場合

2『自分を愛せない人が他人も愛せない場合』
→ 他人にマイナスを与える場合

3『自分を愛せる人が、他人を愛せない場合』
→ 他人にマイナスを与える場合

4『自分を愛せない人が、他人を愛せる場合』
→ 他人にプラスを与える場合

とりあえず、ここにおいては、
「愛の三原則」の細かい部分は抜きに考えて、
とりあえず、大雑把に「愛は与えるもの」と定義しよう。

細かく看ていくので、
4箇所に分けて考えてみる。

さて、次回、
その3、に続きます。
パーツをア〜エの4つに分解する予定です(なんのこっちゃ)

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。