引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年04月28日

恋愛成就の不可能は環境が原因か検証その3

前回からの続き。

恋愛に限ったハナシではない。
たとえば環境が悪すぎて今の段階で、
挫折しそうになっている人の存在を仮定しよう。

そういう場合は、
様々な要因が有り、たとえば、
役に立つ情報が足りない、単純に聞ける相手を持たない、
現状を打破する知恵を提供してくれる相談相手が居ない等。

その他、
ググれカスと言われてもポカーンとしているのは、
未だに現代文明の利器たる検索エンジンの活用方法を知らない、
すなわち、インターネット環境を存分に活用しきれていない化石人、
または、ネット検索環境さえも手に入れていない人が、ほとんどである。

ならば、幸福な人生を歩む為に、
幸福の三原則に照らし合わせた自己を
日々検証しているはずも当然ありえない。

すなわち、なぜ、
限界を感じているかを細かく検証していけば、
人は次の選択肢を見つけて、
そちらのほうへ飛躍して別の道で幸せになることができるのに、
偏執狂的(パラノイア的)司法試験浪人(10年以上不合格)もしくは、
過去恋愛の思い出にばっかり浸って
新しい恋に向かっていけないワインレッドの心系男女、
これらの人々は、
幸福の三原則を実践しているとは、
到底言えない(余計なお世話だけどね)

そういう人たちに
コチラからアドバイスすると、
いらぬオデッセイ、、、
間違った、もとい、いらぬオセッカイだ、
向こうへ行け!とか、
この俺様にオマエは意見するのか、
ふざけやがって!などと、コチラを攻撃してくる。

だから本人たちが気付いて
自発的に行動を開始するまで放置しておくのがイチバン良い。

不幸を好むヒネクレ者は
基本的に断絶して無視するに限る、
ただし、世の中には素直な人が存在する。

それらの人々のために、
役に立つ細かい情報を並べ立てておこうと思う。

たとえば、司法試験浪人が居たとしよう。

そのまえに、どういう環境の人間が、
司法試験合格に向いているか、これを考える。

もちろん司法試験に限ったことではない、
なかなか成就しがたい恋愛に関しても言えることだ。

だから、自己が達成したいこと、手に入れたい結果の部分に、
さまざまアナタが希望する成りたい自分の姿を代入すれば良い。

ぶっちゃけて言えば、
何かを目指すときに果たして自分は、
そちら方向を目指してもよいか、
事前に判断するための事前マニュアルであり、
加えて、そればかりではなく、事後的に、
目指すものに向かって行ったが挫折して切り上げるとき、
一体全体なにを基準にして次の道に進むかの決意の仕方マニュアルでもある。

基本的には
「若いんだから何にでも
チャレンジしてみりゃあイイジャン!」
と大人たちは言うだろう。

或る意味正しいが、
或る意味残酷である、なぜなら、根底には、
「アンタの人生がどうなろうが知ったこっちゃない」
「全ては自己責任だから、若者チャレンジがんばれ、ウヒヒヒヒ」
という考えが有ったりするからだ。

究極的には自分に関係ないから、
無責任に何でも言ってくる大人の古臭い抽象的アドバイス。

たしかに法的無責任なことに関して、
これは大人が絶対的に正しい、すなわち、
彼ら大人に法的責任は生じ得ない、
ひっきょう俯瞰するに、大人が、
「まだ若いんだから何にでもチャレンジしなさい」
とアドバイスして、その後、
本当に何にでもチャレンジした若者が
人生の落伍者、挫折者になり、犯罪行為に手を染めて
逮捕&勾留による身柄拘束&有罪判決が確定したとしても、
アドバイスした大人に法的責任なんぞ問えない。

この厳しい現実は、
当たり前田のクラッカーみたいに当たり前だ。

ちなみに、
当たり前田のセサミハイチって、
まだ売っているのかな(知らんがな)

でも、だからこそ、子供たちは、
大人の軽々しいアドバイスを鵜呑みにせず、
細かく自己の人生構築を検証できるモノサシや、
有益情報引き出し先などの攻撃防御方法を入手し、
無責任アドバイス的な大人の戯言に対して、
きちんと自己防衛していかねばならぬ。

次回、その4、に続きます。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長

hu300&hu400で病み上がり対策
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。