引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年03月26日

峰不二子が処女だった場合の男の反応

経験多そうな女が処女だった場合は
なぜかしら好感持つ男がほとんどだと思う。

逆に、清楚で純情そうな娘の乳首とバギナが、
かなり劣化、使い込まれて黒かった場合を考えよう。

形が醜く変形していて、
グチャグチャにめくれあがって、
まさに年季物のババア性器だった場合は、
しまった、やられた、だまされた、と思う男は多い。

ならば、わたくしとて、
そこそこ男を経験してますよ!
という雰囲気を出していなけりゃ、
男としては「詐欺だ」と言い出す始末。

経験豊富な女は、それなりに
峰不二子みたいな感じの雰囲気を出しておくべきだ。

そうすれば、男は、
経験豊富な女だろうという思い込み、
それを前提にアタックしてくる単純な生き物だから、
誤解や落胆が起こりにくい。

女性が心がけるべきなのは、
まず乳首とヴァギナの状態を徹底的に観察し、
自己の外見を、乳首はまだしも、
性器のイメージに合わせておくことだろう。

これが厳しい現実なのだ。
その女性は、なにも悪いことしていないのにね。

そういう女性に当たってしまった男は、
自己のペニスが黒光りしていることを棚に上げている。

恋人の性器が黒くて醜くて
グッチョンぐっちょんに使い込まれていて
男が落胆したとしよう。

しかし、その場合、
結婚しなければならない義務はないので、
男が次に取る手段は何か?

実は、なるべくセックスをしない、
上手な感じでセックスレス状態に持っていく。

それは、別れやすくする為の布石である。

バコバコやりまくって別れると
「遊ばれて捨てられた」などと
イチャモンをつけてくる女性が存在する。

自己責任であって男女平等であるにも関わらず言ってくる。

だから、男性が結婚相手を選ぶときに、
女性の性器の状態をチェックする男が、
厳然として世の中に存在する事実を知るべきだ。

どれぐらい女性器が使い込まれているか、
この品定めをする男が世の中には存在する、
恐ろしく厳しい事実を女は知っておくべきだ。

ぐちゃぐちゃに壊れた汚らしくて醜いバギナにドン引きして
この女との「結婚は無いな…」と考えるナイーブな男は
表立って男は誰も言わないだけで、密かに結構多いものである。

だから、
ずる賢い女性は、
決してアソコを見せずに、
「恥ずかしいから」と言い訳して
部屋を暗くしてセックスしようとするが、
男で賢い奴は、それを認めない、さらに、怪しがる。

セックスレスで
沢山の良いものを与えて
紳士的に自然消滅させようと男が画策するのは、
性器を観察して幻滅したことを悟られないままに、
上手に相手から恨まれずに別れるためにほかならない。

男としても
「性器が気に入らなくて結婚までに踏み切れなかった」
とは決してクチが裂けても言えない。

なぜならば、
世間では、そういう男のことを、
みみっちい器の小さな包容力がない男だと、
バカにする傾向が有るからである。

男は自分のメンツを傷つけずに、
女のプライドも台無しにしないように、
なるべく恨まれないように本当に上手に、
関係を持った女性と別れようとする生き物なのである。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。