引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年03月16日

メールの返事が来るまでに考えること

自信のない人や、
返事が来ない経験を多く重ねた人は、
まず、ドキドキする、とても不安なのだ。

期待と不安が混じった感覚ではない、
これは、果たして返事は来るのだろうか?
という怖がっている感覚がメインであって、
決して、
返事は当然くることを前提とした上での、
まったく予測できないメール内容に期待して
ドキドキしているわけではない、ワクワクもない。

俺の、この前の返信内容に
嫌なものを感じているから返信が遅いのか?
変なメールを送ってしまったがゆえに返信が遅いのか?
もしかして相手を怒らせてしまったのか?
などなど、杞憂に終わったりするような心配事を
次から次に自己反省して検証を重ね、なんとかして、
自己の甘さやミスを見つけようと多方面から考察してみる。

いや、なんとしてでも、
自分の悪かった点を発見せねば納得行かない、
これじゃあ落ち着かないという心理状態が働くのは、
現状の自己の置かれた不安定な立場を
どんな理由でも良いから見つけてきて
精神を安定させたいからである。

すなわち、
目的が精神安定に成り下がってしまっているのだ。

本当に俺は
悪いことをしていないのか、
失礼は無かったか、
嫌われるようなことを書いてしまったか、
を検証することではなくて、目的は、

「万が一、誤解が生じたとしても、
あの程度で俺を敬遠するようでは、
これから先、やっていけないので
今のうちに絶縁を向こうがしてくれたほうが
むしろラッキーなのだ!よかったよ、早目、早目で!」

と意識できるレベルに
自己が存在しているかを確認することであるはずだ。

毎日前進して輝いているかどうかは、
上記の確認作業を実行できるかどうかである。

現在の自己の
立ち位置を計測するとは
こういう機会を利用しての事なり。

リスク背負って
言いたいことを率直にメールして嫌われるのであれば、
相手と合わない、合わせる必要もないと自覚すれば良い。

ただ、それだけのこと、
それが出来ないならば、あなたは、
一体どういう幻想を相手に抱いてしまっているか、
そこを徹底的に分析すべきなのである。

幻想を幻想であると見破り前進していかねば、
人生は驚くほど、あっという間に過ぎ去っていく。

人間は100年ぐらいしか生きられないので
幻想に浸ってグズグズぼやぼやしているヒマはない。

思春期の夢見る少女状態が許されるのは、
40過ぎのボロぞうきんオッサンに対してではなくて、
若くて美しく可能性未知数の思春期少女に対してであろう。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長

Victor Xa-Lm3の激安価格を比較
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛メール | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。