引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年03月15日

恋愛リレーメールが続かない時に考える事

むこうからであれコチラからであれ
始発メールは、どちらからでも、かまわない。
メールのやり取りが
数回続いて満足できたら、
お互いにホンワカした気持になれて
幸せな感覚、
これを手に入れれば
充実した時間を過ごすことが出来る。

相手が
どう思っているかは
分からないというのがポイントだ。

相手のことは分からぬが
コチラとしては相手が恋愛対象であれば
それなりの満足を手に入れることができる。

しかし、
恋愛リレーメールが続かない、
この場合は
「勝手に終わらすなボケ!」
と相手に怒鳴りたくなるが、
それを言っちゃあオシマイよ、
と寅さんも言っている。

どれほど継続するのが
恋愛メールの往復の基本か?

基本的に人間は
100年ぐらいしか生きられないならば、
ヒマという概念は持ってはいけないたぐいのものだ。

ヒマな瞬間なんて
一切ありえないものと知るべし!
ならば、
相手をヒマ人あつかいしたような内容、
すなわち、
どうでもよい内容のメールを送るのは、
いかがなものかと思うわけよ。

メールして時間を使用するに、
じゅうぶん見合ったコンテンツでなければ、
「この人とメールするのは無駄!そして無理!」
と思われてしまう。

読んでオモシロイ内容や
役に立つ内容や癒しの内容、
さらには、画像や動画を添付したりして、相手を喜ばせる。

おいしそうなゴボウ天うどん、スパイシーな料理など、
相手が興味をそそられるような画像コンテンツは役に立つ。

相手が「おや?」と思えばよい。
かわいい猫ちゃんを「おや?」と思わせる感覚で良い。

外出先で撮った写真を
添付するなどの工夫が求められて、然るべき!

1往復で終了するメールで悩む人は、
お見合いサイトや婚活サイトで知り合った人々が
メールの相手である場合が多い。

なぜなら、そんなもん、多くのサイトに登録して、
どしどし選んでドンドン切り捨てていくことが可能だから、
流れ作業みたいにビシバシ事務的に選びまくりなのだから。

手練の出会いサイト婚活者ならば、
複数のサイトで複数の相手と同時進行して、
相手のプラスポイントを比較検討しながら進行するはずだ。

最初に選択肢を多く持ち、
その後、エントロピーを減少させて行き、
積み重ね可能な領域の相手に決めるのである。

ならば、1往復で終了させられる場合は、
被害者意識を持って一喜一憂している場合でなく、
あなたが複数の選択肢を持っていない、
ただ、それだけのこと。

選ばれる側の人間でなく、
選ぶ側の人間にならねば、
恋愛は時間の無駄が多く生じる!

1往復で終了するメールで悩む人は、
まちがいなく受身の恋愛体質である!
と言っても過言ではない。

能動的に動きまわるポジティブ化物は、
1往復で終了するメールで悩んだりしない、
なぜなら選択肢を本当に多く持っているからである!

だから、
1往復で終了するメールで悩む人なんぞは、
自己確認が必要だ。

すなわち、自己の立場が
選択肢を多く持ち得ているか否かを今一度、
確認してみる必要性が出てきているに過ぎないのである。

とくに相手が困っている場合は、
メールの往復が少ないほうが良い。

直接、会って、
じかに話を聞いてあげるのがベストだ。
本当に困っている場合、メールに書くと長くなるし、
長く文字を打たねばならない相手のストレスが増加するだけだ。

本当に困っていることを
心情も込めてメールで書くと、
相手に正確に伝えるためには、
長々と説明しなくてはならない場合が多い。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛メール | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。