引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年03月05日

年の差恋愛その年齢差の注意点

年齢が離れていても
恋愛は当事者の自由、
だが年の差恋愛の注意点を少々。

まあ、
男と女は違うとは言うけれど、
俺が24歳の頃を思い出して
イメージしてみれば分かりやすいが、
44歳のオバサンにアタックされたら、
そりゃあ、相手によるわけよ、、、汗

カワイコちゃんの立場を
考えてあげなさいというわけだね。

どういう感じの20歳年上の異性に
言い寄られたら嬉しいかを
よくよく考えなさいということさ!

子供っぽい無職の20歳年上の男に
言い寄られたらキモイだろう、、、汗

何目的ですか?
というふうに訝しがるのが通常だ。
そんなにも、いやらしいほどに、
若い異性の体に興味が有るのですか?
若々しい娘の肉体を堪能したいですか?
スケベじじい様というわけですか?
いろいろ考えて警戒するだろうね、、、汗

恋愛はボランティアなどではなくて、
特に女性においては
妊娠のリスクを伴う真剣勝負のはず。

夢と希望やロマンや癒しなど、必要性に応じて、
男性と付き合う女性の心理状態は異なってくるだろうが、
ひまつぶしや気まぐれや
単にセックスがしたいだけの相手として
女性が俺を選ぶわけがない。

なぜならば、先ず以て、
そのような相手をコチラが選ばないし、
向こうから来ても、お断りだからである。

俺は、偉そうか?
俺に選ぶ権利など無いだろうか?
いいや、無職の44歳のオジサンにだって
選ぶ権利は有りますですばい。

どんな女性だったら
20歳年上のオッサンにイエスと言ってくれるか?

恋愛対象が何を求めているかを
コチラが想像するのでなくて相手に喋らせてやる。

というか、
相手が希望を、コチラに、
さらけだすように安心感を持って
信頼してもらわねばならぬ。

何を求めているかを
会話によって情報入手したら、
それを目の前に差し出すだけである。

コチラが「こういうふうにしたらよいよ」
というベストな方策アイデアを提示したところで、
ハズレの場合は、女性は気持ち的に逃げていくだろう。

もちろん、これだけアナタのために
頑張っていますというアピールなどはしない。

うざい、恩着せがましい、などなど、
かえって相手の重荷になってしまうだろう。

俺側の想像力で提示した過剰な努力や工夫は
ピタリとハマらなかった場合、
必死なオジサンのイメージを醸し出し、
このような空回りは引かれてしまう最初の一歩なり。

相手が、うどんを求めていないのに
「ゴボウ天うどん食べに行こう!」では、会話が台無しだ。

相手が個室の焼肉を求めていないのに、
高級焼肉店で特上カルビや特上ロースを
注文してしまうのもイメージダウンだろう。

カワイコちゃんって
食べ物は何が好きなの?というふうに、
軽く質問してみると答えてくれるだろうから、
下調べしてみれば良い、そして、
ここは行ったことがあるか聞いてみて、
まずは自己がロケーションして下調べしてみて、
それで、合格の味だったら、連れて行く(誘う、提案営業)
など、要領よく行動せねばならぬ。

そのためには、
無職の44歳のオッサンじゃあヤバイ、、、
やばすぎるだろうw

会社経営者でないと夢がないぞ。

好きな食べ物そのような会話が
できるようなシチュエーションから入らねばならない。

俺はメールしてても、まだ、相手の誕生日や
好きな食べ物のデータさえも入手していないのである。

なさけない無職の44歳のオッサンなのである。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。