引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年02月08日

恋愛アドバイス教える側の注意点その1

恋愛に関するアドバイスは
教えを請う側にも注意点が存在するのだが
今回は、教える側、すなわち、
相手にアドバイスをしてあげる側が
気を付けておくべきポイントを述べてみる。

お客さまはアニマルです
ということを恋愛に応用させた考え方だ。

お客さまはアニマルです、
という言葉をどこかで聞いた。
そういえば、
お客様でなくてもアニマルなのだ。

具体的な事例を挙げながら、
そこらへんを検証していこうと思う。

さてさて、
不倫をやっている女に
幸せになるためのアイデアを提案
もしくは提示もしくは提供したところで、
アンタごときに説教される筋合いは無いなどと
「説教」というように
曲げて解釈されてしまう場合が有る。

よく考えたら、もはや、
その女は子供じゃないのだ。
それなりに成長したオトナなのだ。
だから、決して関わってはならない。

はたまた、
パソコンショップに客が来たとしよう。
すなわち、
「CPUは省電力の時代だ、そして、
俺様は、オーバークロックを実行してみたい」
と考えている客がショップに来たとしよう。

そして、よくよく話を聞いてみると、
風変わりなお客様らしくて、
具体的な希望を聞いたところ、
ATOMのオーバークロックを
嬉々として実行しようとしている、
自称中級者の初心者だったとしよう。

もちろん、シャレで実行するとか、
企画モノで実行しようとしているのではなくて、
メインのPCとして買い換えるつもりの、
大マジメなお客さんだったとしよう。

お店のスタッフは言いました。
「お客様、i7 2600K 搭載 の、
安いパソコンが在庫で有ります、
コチラのほうが、あとあと、
なにかと、便利だと思います」
と提案しようものなら

「なんや、オマエ、
お客様に意見するのか?
いちいち説教たれるなや!ボケ!」と怒鳴られる。

相手の為を思って、提案しても、
コチラが、やられる場合が、世の中には多すぎる。

英会話教材を
購入しようとしているお客様が居たとしよう。

そのお客様が、言いました。
ちなみに女性のお客さまです。

「これで、21個目なんですよ、うふふ」
どうやら、
英会話教材を次々に買っているらしい。

「英会話教材で
良いのがなくて、困っているんですよ〜」
まだ、しゃべります。

「今度こそ、本気で、
この教材にチャレンジします」
さらに、しゃべります。

「どうしても
英会話を身に付けたくて、
あきらめずに頑張っています」
どうやら、この女性は、
目的を達成するための手段に
ドップリ埋没しているタイプらしいのだ。

そういうときにアナタは決して、
「アメリカで
数年間ほど生活してみて下さい、
本当の生きた英会話が身に付きます」
などと言ってはならない。

そんなことを言おうものなら、
その女性は豹変して文句をぶつけてくる。
「アンタごときに言われんでも分かっとる!」

さらに続けて、
「アタシは女性よ!
アメリカって危険でしょ!
英会話教材のほうがリスクが小さくて便利よ!」
もっともっと続けて、

「外国は危険よ!
なんで、そのくらいの基本も
分かんない?バッカじゃねえの!」
とアナタに切れまくる。

相手のためを思って、礼節を重んじ、
どんなに言葉を選んで丁寧にアイデアを
提案したところで、コチラはボコボコに怒られるのだ。

その2に続きます。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。