引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年02月07日

男が女を嫌いになるときの具体例

たとえば
会話における、
具体的事例を挙げてみる。

目の前にいる彼氏や知人の男よりも
会ったこともない会話中の奴の味方をする女。

どう考えても不可解なり。
目の前に居る彼氏と会話しているのだから、
当然の流れとして
彼氏の味方をすりゃいいのに、しない。

こりゃ、彼氏が、
よっぽど不合理なことを言ったなら、
分かるんだが、、、。

彼氏の傲慢すぎる発言などに反感を持って、
会ったこともないのに、
会話中の嫌な男の味方をする事もありうる。

しかし、実際は、そうではない。

ただ単に彼氏の前で、
彼氏が凹む方向で
偉そうに振る舞いたいだけなのだ。

主導権を握りたがる女は、
モラルハラスメントの方向で
ガツンと、かましたがる。

相手が彼氏であっても、
怒らせたがる、そんなことをしてしまう。

実は、アダルトチルドレンが
子供の頃に父親に反抗できなかったので、
大人になってから年上すぎる彼氏に
偉そうに振る舞うパターンだったりする。

どこまでも反抗して
彼氏をイジメて楽しんでいるに過ぎない。

絶対に彼氏に共感しないサド女(S女)は、
彼氏がドMでない限り、
必ず彼氏に、しっぺがえしをくらう。

それをもってして、私は必ず、
釣った魚に餌をやらないみたいに扱われる、
などと言うが、
実は、意趣返し、
仕返しされているに過ぎない、
愛情なんてドンドン消えますからね、
会ったこともない嫌な奴を
ことさら、かばうような発言をすれば、
そりゃ、彼氏はアタマに来て、
「この女こらしめてやる」と思います。

いろいろ彼氏に
意趣返しでイラつかされて
女は家に帰ってから考えます。

女は自分ではなくて相手すなわち
彼氏に何か問題が有るように考えるが、
そうではない場合が多い。

因果応報である。
男を軽く考えているのだ。

そういう女に限って、
だらしがないので、細かいことを嫌う。

やる夫みたいな感じで
「こまけぇこたぁいいんだよ!」
と自己主張が強く、
自己の堕落をごまかそうとする、というか、
自己のだらしなさを上手に解釈して守ろうとする。

否定すべき自己を発見したら
キチンと否定して改善の方向に進めば良いのに、
ダメな自分を肯定する方向に進もうとして、
どこまでも躍起になり、一生反省せずに終わる。

どこまでも、
そんな自分を
そのままで受け止めてくれる男を求めるが、
そのような男は、
年齢がウンと離れた妻子持ちぐらいしか存在しない。

この場合、
「奥さんと子供に言うよ」と言える側、すなわち、
自爆テロを実行できる側が強いのは理の当然ゆえ、
どこまでも女のほうが主導権を握れるわけであって、
男も若い娘のカラダを楽しめるので利益が一致する。

この場合は、奥さんがカワイソウである。

アラレやセンベイで
もち吉を思い出すよりも
鳥山明を思い出すようなものである。

その心は?

「取られちゃったよ」 ← 85点

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。