引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年02月04日

鬼の首を取ったような態度の女を避けよ

偉そうに振る舞う女とか、
それみたことかタイプ、
ほうら、言わんこっちゃない、
と発言したがるタイプだ。

それみたことかタイプに
感謝の気持ちと言葉とありがとうは不要、
即刻に縁を切るべし。

うちの父親タイプである。
コンプレックスと劣等感が強すぎて
たいへんに扱いにくい奴は周辺に置くな!

そういうやつは嫉妬深いし、
自分だけが取り残されたようなイメージを
極端に嫌う。

いちゃもんを付けて
自分を被害者に持って行き相手に謝罪させて
上下関係を作出し自分が上だとアピールする。

自己にイニシアティブを置いておかねば
不安でタマラナイから、巧妙に罠を仕掛けてくる。

イニシアティブを
取れないと判明すれば
ジェラシーが強すぎるゆえに、

「自分がダメなら
相手も巻き込み、死なばもろとも」

に方針変更して喜ぶバカである。

分かりやすく言えば、
楽しいパーティーや合コンなどで、
「おまえだけ帰れ!」という状況の時に、
「ねえ、帰ろうよ〜、つまんない」と言って、
周りの美人たちまで、
いっしょに連れて帰ろうとするブサイク女。

家族が民放で
「アハハハ」と笑って楽しんでいるときに、
父親だけ面白さを理解できずに、
いきなりNHK教育番組にチャンネルを変えて、
ムスッとしている。

家族は
「あれ???」と思うが、
誰も何も言わないので、俺が、

「なんでチャンネル変えた?
みんなが楽しんでいるのに、、、」

と言うと、
「なんか、文句あるか、
キサマ!文句があるんなら出て行け!」
と小学生の俺に怒鳴りつける。

「え???」となっている俺に、
「あやまれ!俺に、あやまれ!」と言う。

「俺は悪いことしていません」
と言うと、
「親に向かって反抗するんか!」
「いいえ、反抗じゃないです」
「親に向かってクチゴタエするんか!」

こういうときに
母親は助けてくれない、馬鹿だからw

最終的に、
小学生の俺が無抵抗なのに、
俺は虫眼鏡の金属の部分で頭を殴られ、
さらにエスカレートして木刀で殴られる。

最後は、泣きながら
「ごめんなさい」と謝るのだが、
妹と弟は、知らんぷり。

自分が中心でないと気がすまない奴は、
父親になる資格なし!

すなわち、相手が成功しようとすると、
自己に何の利益もないくせに邪魔してくる。

他人の成功や実績が、
悔しくて悔しくて、たまらないのだ。

もう後先考えず
とにかく妨害しないと気が狂いそうなのだ。

なぜなら、
平気で人を裏切る奴が多いし、恩知らずが多い。

このまえの話は、
あなたの言っていたことが正しかったので、
そのように行動してみたら良い結果が出ました、
本当に、ありがとうございました、助かりました、
このように感謝の気持ちをきちんと述べると、

「おお!やっぱり、そうやろ!
オマエ、最初は、俺に疑問点を質問して、
マジで、反抗的だったな、ふざけやがって!
ほんとうに、実際は俺の言うとおりやったろうが!」

というふうに文句を言ってくる奴が居るが、
俺は反抗的だったわけでなく、相手の性状やら、
ジェラシーやら自信の無さ、そのときに、わかる。

俺の為を思って
言ってくれていたのではなく、
自分のため、自分のメンツのために
言っていたということが、よくわかる。

口先だけで
俺を意のままに従わせようとしたが、
俺はアンタのロボット君ではないので、
ちょっと待ってください、
行動してリスクを背負うのは私なんですから、
と思い、熟慮した上で行動しているだけなのだ。

アナタのメンツを潰すことが目的ではないのだよ。

ありがとうと感謝の気持ちを述べると
酷い目に遭う場合は世の中にいくらでもあるので、
劣等感の塊のような人間をそばに置くべからず!

これは
「だから言ったでしょ!」という態度を
ゴリ押ししてくるタイプの女性も同じ事。
鬼の首を取ったような態度の女を避けよ!

「ほら、やっぱり私の言ったとおりだわ」
というセリフは少女漫画の中だけにして欲しい。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 恋愛コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。