引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2012年01月23日

恋愛至上主義者のリスクは大きい

貧乏、中流、富裕層、
恋愛至上主義をイメージしてみた。

乱暴に区分けすれば
恋愛至上主義者の実体は
ストレス発散希望者か
怠け者か富裕層なり。

金銭に余裕が有るから
時間をも買うことが出来て
女と恋愛するために
時間と金をかけることが出来る。

人生において
恋愛を中心に置いた場合
おもしろさの継続よりは
リスクのほうが大きいというハナシ。

人生の生産性という観点からは良くないことだ。

恋愛至上主義などという本音は、
もちろん、ばらさなくても良いのだが、
仕事よりも何よりも恋愛が中心の人間を
企業は雇いたくないだろうw

恋愛至上主義者の医者や弁護士に
重要な仕事を任せることができるだろうか?

さらに、仕事を離れて考えた場合でも、疑問の数々。

恋愛至上主義者において、
恋人が死んだら自分も後追い自殺するのか?

恋人が死んだ後に、
しばらくして新しい恋人を作ったら、
死んだ恋人は祝福するのか、それとも、
地縛霊として復活してジェラシーを感じるのか?

結局は、生き延びなければならない、
恋愛に死にます私は恋愛至上主義者だから!
という人間は社会の迷惑トラブルメーカーなり。

どこまでも生きぬくためには
恋愛を人生の中心に置くことなんて不可能に近いから
「恋愛至上主義者」というレトリックは、
かっこいいイメージを
まとうために創出されたマヤカシに過ぎない。

エエカッコシイのメッキが剥げる時が悲惨であろう…

たとえば、富裕層以外を考える。

究極的に金欠になったとき
(消費者金融から3万円借りたとき)
の恋愛感情を恋愛至上主義者は
経験したことが有るのだろうか。

恋愛どころではない。
片思いの場合は、
とくに、どうでもよくなる。

幸福三原則を思い出してみよう。

1、選択肢の多さを手に入れよ!
2、エントロピーを減少させよ!
3、積み重ね可能な領域を選べ!

まず、貧困の程度が大きすぎれば
もはや、第一段階の選択肢が無いので、
たった一人の恋愛対象でさえ、満足に選べなくなる。

だから、
無職でも恋愛しよう!
という気持ちがある場合は、
無職にもかかわらず金銭的に、
まだまだイケル時が一つのパターン。

もうひとつは、
頭がおかしくなっている場合、
すなわち、闇金ウシジマ君に出てくるような、
身の丈知らずの末期的な借金野郎である場合の、
どちらかであろう。

見栄っ張りの我が身の
分際をわきまえないキャラは、
エントロピーを極限にまで減らせば良い。

とりあえず選択肢の多さなどは無いから、
エントロピーを減少させて、
処理すべき事柄を減らして整理整頓していく。

心も体も雑用も減らして
身軽になりフットワークを軽くすべきだ。

そのなかで、
積み重ねを実行できる領域を
選ぶ(もしくは残す)べきである!

そうすれば、
正しい判断の積み重ねが集積されて、
インターネットというレバレッジが
日本には存在するので、
PPCやSEO込みのサイトアフィリや
メルマガアフィリや、その他の素晴らしいチャンスを
掴んで飛躍することが出来る。

さてさて、
この究極的な金欠状態が訪れたとき、
女なんてイラネ、必要ない、という状態になる。

すなわち、
究極的な恋愛関連エントロピー減少は、
恋愛対象の一切排除ということになる。

借金数百万円
それでも私は恋愛至上主義者です!
と言いはる人の目的は何なのだろう?

かっこいい自分を貫いて
自己満足、自己愛は達成できるが、
まわりの民衆が無視して孤独になって終わり、
さらには恋人からも捨てられて終わりである。

恋愛至上主義者でも別に構わない、
別に良いから、前提として、あなたが、
稼いでいる状態で恋愛実行してください。

そうでない場合、
ほとんどの恋愛至上主義者は
社会に迷惑をかける可能性が高い、
「こっち見んな!」
「こっち来んな!」
私たちを巻き込むな!と嫌がられる。

それが貧乏な恋愛至上主義者なり。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 10:00| 幸福三原則 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。