引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2011年12月30日

本気で恋したことないでしょ?と聞く勘違い女

あなた…
本気で恋したこと無いでしょう?
などと発言する「ヘナチョコ女」を
相手にしてはならない。

いくら恋愛のテクニックだとか、
押したり引いたりのシーソーゲームだとか、
そんなの関係ない!

めんどくさかったら切ればよい!
めんどくせぇ〜〜〜と思ったら、
連絡しなくて
音信不通の絶縁状態にしてしまえばよい。

あとは女のほうから
一生懸命になるかどうかだ。

相手が嫌な女だったらどうか?

優しく関わったがために
職場で女にアプローチされて、
男がドン引きして距離を置いたら
相手にしてくれないと逆ギレされて、
女性社員が徒党を組んで
嫌がらせをしてくる場合は、
そんな会社やめちゃえばよい。

俺は、相手にしてくれない男と
職場で呼ばれていた、そうさ、そのとおりさ、
俺の正体は、「相手にして紅三四郎」(誰やねん)

Mさんも、ちょっとばかし、
やってはいけないことをしてしまいました。
集団ではなかったのだが、ありゃ、アカンわい。

別のMさんにおいては
「飲みに行こうよ」という誘いを
3回断ったがために嫌がらせをされる。

女のほうから誘ってきたのに、
俺は、男らしく、ビシッと断る。
そんなことも有りました。

しかし、
ここにおいて反省点が有りまして、
俺が仲良く接してしまったために、
気安く誘われるような雰囲気を
図らずも出してしまったという点だね。

決して距離を縮めないことが肝要だね、
とことん距離を置いておけば、問題ない。

とくに、職場では
「恋愛対象にされないように距離を保っておくこと」
が最優先されるべきなのだ。

生活の糧を得るべき初歩的な基本的な場所なのだから、
職場恋愛でミスした場合は悲惨だぜ、なぜならば女性は、
男の仕事に影響するように罠を仕向けてくる可能性が高い…汗

この意味では、女性は怖い、なぜなら、
足を引っ張れる場合は喜んで引っ張って復讐しようとするから。

もちろん、女性側が、
「アンタが仲良しの雰囲気を出したが為に
私が誘ってしまったのだからアンタが悪い」
と胸を張って主張することはできないわけで、、、

だからこそ、気が済むまで攻撃してくるが
気が済むということがないストレス溜まりまくりの
2人の子持ちバツイチ貪欲強欲因業ババアは限度を知らぬ。

でも、ときどき、すごい女が存在する。

「アンタが思わせぶりの雰囲気を出した、
だから、女から誘うように仕向けたアンタが悪い!」

などと、男に文句を言ってしまうような、
完全イカレポンチのクサレ女が存在します…汗

そんな女は、クレイジーキャット、
とくに、クレイジープッシーキャットですな。

仕事さえキッチリ
こなして稼いでいれば、
いくらだって若くて美しい女性を
手に入れることが出来るのが男の特権だ。

50歳になっても60歳になっても
仕事をこなして稼いでいる男なら、
いくらでも若い娘と付き合うチャンスが有る。

全盛期のキャロライン洋子みたいな
見目うるわしい素敵なお嬢さんにアタックできる(本当か)

こんなことを言うと
「あなた本気で恋したこと無いでしょう?」
などと突っかかってくるバカ女が存在するから厄介だ。

そういう女に限って不倫に一生懸命励んで
「私は本気の恋をしている!」などと自己満足にひたる。

そして、
人生はお金じゃないとか、
恋愛だってお金じゃないとか、
わけのわからない発言(バランスを欠いた発言)を
何回も繰り返したりしますが、不倫相手の男と結婚して、
男が稼がないと分かると、あっというまに豹変する、、、汗

やっぱ、お金が、
恋愛も結婚も、基本だわさ〜、、、みたいに納得する。
ダンナが稼げないストレスを
子供虐待や浪費や浮気で解消する。

貧乏の連鎖の開始である、
すなわち、不幸の連鎖の開始である。
見事なくらいに、後天的に、子供の遺伝子に
刻み込まれていく不幸連鎖アクションの反復構造DNA…汗

「あなた本気で恋したこと無いでしょう?」
という発言をする女は本当にヤバイのだ。

俺の経験上、考え方やポリシーに一貫性が無く、
その場さえしのげればよいので平気でウソをつく。

しかも他人だけでなく、
自分に対してもウソをつくから厄介なのである。

これが本当に困りもので
「自分に対してウソをつく」ことが
良い結果を生んでいるのであれば、まだ、かまわない。

そして、一貫性が無いことを
「過去は過去!終わったことだから!」
というように豹変の言い訳を持ち出すが、
あくまでも言い訳に過ぎず、「過去は過去!云々!」
といってしまう場合の現実が
幸福な結果をもたらしていないことは明らかなのである。

考えたら分かるが、
本気の恋とは、命がけの恋なのです。

死ぬことを前提にした恋なのですよ、
なぜなら、死によってしか本気度は証明できない。

いくら口で説明しても、
行動で或る程度の証明を試みても、
実際に死なないと本気度は低いだろう。

真冬に川で泳いでみせるなど、
どんなに死にそうになりながら行動しても、
人間には演技できると言う武器が有り(まあ、小動物にもw)
相手を納得させれば「本気だな」
ということの証明になるという解釈も可能だが、
しょせん、どこまでも茶番である!

「本気なんて、相対的なもので良いのよ〜」
と考える女は、そもそも、
「あなた本気で恋したこと無いでしょう?」
という質問をする意味は、ほとんど無い。

なぜなら、相対的に考えれば、
人によって、それぞれ「本気」
ということの把握の仕方が違うのは当たり前だからである。

そのままの自分で
「これが俺の本気だよ〜」と主張しても
「あなた本気で恋したこと無いでしょう?」
という質問をする女は絶対に受け止めることは出来ない。

なぜなら「そんなの本気の恋とは言えないわ!」
と自分の尺度を持ち出して決め付けてくるからである!

死んでいない限り
「それは本気の恋とは言えないわ!」
ということを正当化するだけの理由は何処かに必ず有る。

すなわち、相手を何処までも否定するための材料を
持ってくることは容易、なぜならば、言葉だけの女だから。

その女にとっては、
言葉遊びなのだろうね…
神経的なお遊びとも言える…

優位に立ちたいだけのカワイソウな
「自分に自信がない女性」なのかもしれない。

要するにその女の
イメージどおりの恋愛の形でなければ
相手のライフスタイルを許してくれないに過ぎない。

結局は女王様に成りたい行動の一種だ。

「あなた本気で恋したこと無いでしょう?」
「はい、そうです」
「だめよ、そんなんじゃ!」
「はい、わかりました、努力します」

このように
従順タイプのホスト的な発言を
ワガママ放題に相手に求めているに過ぎない。

そのうち調子に乗って
「あなた素直ね!気に入ったわ!私のウンコ食べなさい!」
とか言い出すから気をつけましょう(おいおい、本当かよ)

「100%本気の恋」は出来ないし、
してはならない、なぜなら、
本気の恋をしていると証明した時点で、
その恋は、終わる。

すなわち、男女心中や、
自分の心臓を彼女に移植してあげるとか、
「死」を出さねば、どうしても
「本気度100%」を証明したことにはならない。

たとえば、80%とか言う時点で
相対化されてしまっているから、意味がないのである。

さらに、これは、とても重要なことなのだが、
100%でも、死んでしまったら意味がないのである。

恋の証明者は、恋がらみで死んでいるから、
幸福を享受できたかどうか、死んだ側には意味がない。

意味無しは、もちろん
死んでしまった側においてだが…。

残されたほうに関しては、
ちょっとは意味が有るだろう。

では財産を
全部渡すのが本気の恋か?
これこそ80%なのか?

いいや、
アンタが財産を差し出しても、
まだ命が残っているではないか!
というふうになる。

しかし、死をもって、証明すれば、
間違いなく、これは100%本気だと言える!

君のためなら死ねる!
と言った岩清水君は、
相対的なパーセンテージでしか
自分の発言を担保していない。

君のためなら死ねる!と発言した岩清水君は、
本源的に証明してみせるなら結果的に、その場で、
本当に死ななくてはならなかったはずなのだ。

しかし、
死んだ時点で、
岩清水君の人生において
愛も恋も全く意味がないのは理の当然。

岩清水君が死んだ後、
残された男のうちの誰かと
セックスして彼女は幸福になるでしょう、、、残念。

「あなた本気で恋したこと無いでしょう?」
と発言する女は無用心で
世間知らずのお嬢様タイプなのだと思う。

金持ちなのか金に困っているかは分からんし、
暗い夜道を一人で歩かないという用心深さは
有るかもしれんが、単純に精神がユルユルである。

結論:
あなた本気で恋したこと無いでしょう?
と言ってくる女に対しては、今後、会うべからず、
話すべからず、距離をう〜んと保ちなさい、
っていうか、できれば、その場で、撃ち殺せ!
ドキューン、DQN、DQN(はい、悪ノリしすぎですね)

「君の為なら死ねる」という台詞
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/107218.html

さすがに
男が自分のほうからは率先して言えないよな…
変な性癖が有る人と思われてしまいそうだ、、、汗

そういえば、
「不倫しているから
それが本気の恋である」と
勘違いしている多数の女が存在する。

リスク背負えば誉められるというものでもない。

そのリスクの中身の本質が
勇気でなく無謀なのであれば
バランス感覚を持って行動していないだけ、
これ即ち甘えん坊なのであり、お子ちゃまなのである。

そもそも本気の恋って
何をもって定義するかは人それぞれ。

命がけの恋なんぞは、
実際に死なないと命がけを証明できないから、無理。
「これが命がけです」と主張したところで、
何処まで行っても限度がない。

本気の恋なんて
時間の無駄遣いだろう、むしろ、
「真面目な恋」そのぐらいでOKなのだ。
これも人それぞれ。

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 14:00| 恋愛と稼ぎの構造 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。