引っ越すことで恋愛関係をリセットする場合

2011年12月30日

恋愛をインターネットのスピードに合わせるべし

勉強も仕事も恋愛も何でも
インターネットの開発スピードに
合わせるのが幸福への第一歩である!

アインシュタインも
光の速さに着目した(なんじゃそりゃ)

ならば、時間短縮こそが命なので、
光回線のインターネットは人生の必須条件だ。

一番スピードの速いものに合わせておくと、
他人に遅れないというだけでなく、稼ぎの潮流に
乗り遅れないどころか、先を読むことが出来る安全装置を
手に入れることが可能となってくる。

社会情勢を人よりも
先に入手して攻撃防御の先手先手、
核先制攻撃論だけに限らず、
此れは、「死ににくいという利益」を
情報提供が早い媒体から毎日、享受するということに他ならない。

人生は単純に生き残りゲーム、
ゆったり平和ボケしている民衆ほど死にやすい。

老人は、時代の流れに
付いていけなくなった頃から、
世間に、うとましがられる。

時代の流れに
付いていけなくなった老人は
社会的弱者の要素がドンドン増えていく。

そして、若者は、
自分のことだけで、精一杯。
いちいち老人に説明するのが、
時間を取られてウザイと思うのだよ。

パソコンメールによる恋愛や、
携帯メールによる恋愛というものを
知らなかったがゆえに俺は出遅れたし
インターネットやパソコンを
生活に取り入れるタイミングが遅かったからこそ、
現在の生活が困窮状態に有るのです。

ハイスピードなアイテムを使いこなす人は、
楽天のミキタニさんや、サイバーエージェントのフジタさんや、
ネット株トレーダーBNFみたいになっているわけですから、、、汗。

いちばん早い情報流通媒体を見失うな!

とりあえずは、インターネット
とりわけハイスペックPCと光回線であろう。

ゆえに恋愛も、いつまでたっても
不倫を続ける独身女性は「結婚できないよ〜」
と愚痴を言っても生活が改善されないわけである。

なぜなら、
見極めのバランスを欠いているからだ。
スピード的な変化が毎日無いわけだね。

いつまでたっても
現在の恋愛対象に、こだわる、
そして、こだわらざるをえないのは
出会いが無いからだ、と言い訳する。

そうじゃないでしょうw
次から次へと恋愛のチャンスが
転がり込むハイスピードな現場に
身を置けば良いだけのハナシでしょう。
毎日のハイスピードが足りないわけだね。

男側も注意すべし!
アナログ人間は、もともと備えあるデジタル将軍が、
あえて、アナログを選択してみるから
キラリと光るのであって、
常にアナログだけの一方通行の融通きかない男は、
単なる時代遅れだ。

かわいそうなことに、アナログ先生たち、
最終的には稼げない男になってしまっている。

弁護士や医者や
公認会計士や税理士そのほか商売人も、
パソコンのスピードを利用しきれていない人間は、
結局は、年収1000万円どまり、だったりします…汗。

しかも、
思いっきり仕事して、
年収1000万円なら、のんびりヒマに働いて
安定した収入を得ている地方公務員のほうが優越です。

なぜなら、余裕を持って自分の時間を
支配できる人間こそが勝利者だからである!

あくせく働いて年収1000万円って、、、
おもいっきり普通やん、、、ダサイやん、、、汗

時間こそが、この世で、
いちばん価値が有るものだ。

あなたは
自分の時間を
支配できていますか?

いつまでたっても
成就しそうに無い女性に
思いを寄せてウジウジ悩んでいる男は、
次から次に、チャンスを失っているわけである。

とりあえず、
多くの美人と関わっていれば、それでよいのだw
どんどんハイスピードに好みの女性と
出会える現場に身を置く、たった、それだけだ。

そのためには
選択肢を選ぶことが出来る立場を
得ていなければならない。

だからこそ、男は稼いでいなければならない。
お金は、かかる、、、そんだけのハナシである!

さて、インターネットなど
ハイスピードな媒体に注目する毎日を送っておれば
なぜ誰も結婚しなくなったのか?が理解できるようになる。

世間では、若者に金がないから、と言う。
しかし、若者に金が有った時代なんて存在したか?
若者は、いつの時代も、貧乏だったはずだ(詳細は不明)

お金じゃなくって、
インターネットや携帯電話や
メールなどの発達が原因だと思う。

インターネットや携帯電話やメールが
この世に存在しなかった時代を考えてみよう!

出会いなんて
本当に大切にせねばならなかったし、
なによりもまず、恋人でも居なけりゃ、
寂しくて、さびしくって、たまらんだったわけだ。

さびしすぎてタマランから
タマラン節を歌い放題だったわけだ(わかる人には分かる)

居酒屋での交流などは
重要なコミュニケーション手段
(さびしさを紛らわす手段)だったはずだ。

いまは、
インターネットでサーフィンしていれば、
焼酎を飲みながら天国バージョンですばい!

じゃあ、結婚は?
基本的には、さびしいから、結婚していた人が、
一昔前の世代には、多かったんじゃないかと思う。

いまは、インターネットなどで、どこまでも、
自分の孤独をごまかして生きることが出来る時代なのだから!

だから、お金じゃないんだよね…
なぜならば、お金持ちなのに結婚しない人が
バリバリ増えてきているはずだから、俺は、そう思う。

まあ、お金持ちなのに
結婚しない独身男女の統計なんて取れませんが、
おおかた俺の判断は間違っていないはずだ(本当かよ)

投稿者:桃李寿賀里

監修者:恋愛ブログ編集長
posted by 恋愛ブログ編集長 at 16:20| 恋愛と稼ぎの構造 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。